ふじあんnet通信

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

「楽園」KALAPANA SINGS SOUTHERN ALL STARS

「楽園」 KALAPANA SINGS SOUTHERN ALL STARS
kalapana1
ハワイアンAORの代表的バンドとして名を残した
Kalapana(カラパナ)

マラニ・ビリュ―(Malani Bilyeu)
D・J・プラット(DJ Pratt)
ケンジ・サノ(Kenji Sano)
ゲイロード・ホロマリア(Gaylord Holomalia)の4人に加え、

亡きマッキー・フェアリー(Mackey Feary)
が在籍していた5人の時代に作られた
サザンオールスターズのヒット曲をカバーしたアルバム。
kalapana2

全曲、英語で歌っており(もちろんサビも英語)、
カラパナ色の強いオリジナルアルバムのようである。

【収録曲】

1. C調言葉に御用心
2. 真夏の果実
3. JUST A LITTLE BIT
4. ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEWDAY)
5. YA YA(あの時代を忘れない)
6. Melody(メロディ)
7. PLEASE!
8. 愛する女性とのすれ違い
9. いとしのエリー
10. 忘れられたBIG WAVE

そしてもちろん国内限定盤。あの頃は「楽園」だった…と郷愁を感じさせる1枚です。

2017年インフルエンザ流行拡大 神奈川警報発令

2017年のインフルエンザ流行が首都圏に拡がっています。

2017年第3週(1月16日から1月22日)の定点観測地点あたりの平均患者報告数は、
東京都 :28.6人/週(前週15.2人/週)
千葉県 :37.9人/週(前週20.0人/週)
埼玉県 :38.5人/週(前週20.2人/週)
神奈川県:33.6人/週(前週16.7人/週)
と警報レベル:30人/週を超える地域が拡大、関東首都圏で急速に流行が拡がっているため、
都内への通勤・通学電車内での感染に注意が必要です。

神奈川県のインフルエンザ流行状況を過去の推移と比較してみると、過去4年の中で、最も患者報告数が増加する勢いを見せています。

インフルエンザ2016

神奈川県内の流行動向を保健所管区ごとに見てみると、
第2週(1月9日から1月15日)、厚木保健所管区で25.82人/週と警報レベル30人/週に迫る勢いであったものが、
第3週(1月16日から1月22日)は、横浜、川崎、相模原、平塚、鎌倉、三崎、厚木、大和、茅ヶ崎の9地域で
警報レベル30人/週を超えました。

詳細は以下の通りです。
横浜市 32.2人/週
川崎市 33.2人/週
相模原市 40.5人/週
横須賀市 29.4人/週
藤沢市 26.8人/週
平塚 34.6人/週
秦野 27.5人/週
鎌倉 33.6人/週
三崎 37 人/週
小田原 33.5人/週
足柄上 17 人/週
厚木 50.4人/週
大和 41.1人/週
茅ケ崎 33.1人/週

大学入試・高校入試が本番を迎える中、これからピークを迎えるインフルエンザには、予防マスク着用と、うがい・手洗いを心掛けましょう。

マウイ島HānaのファルセッターLeokane Pryor

「Maunahele」 Leokane Pryor(レオカネ・プライヤー)
IMG_2066

虹の美しさで有名なオアフ島Mānoa valleyで育った彼は、
カリフォルニアに渡り音楽活動を開始。

母親の病気のため、ハワイに戻って
マウイ島Hānaよりデビューしたファルセットシンガー
Leokane Pryorの2009年再リリースアルバムとなります。

名前の由来でもある「Leokāneokalani」とは
「天国からの声 (Voice of the Heavens)」という意味

そのファルセットボイスは、ハアイアンシンガーの中でも際立つものがあります。。

【収録曲】

1. ‘Ehukai
2. Puamana
3. Maunahele
4. Do I Love You?
5. Kipahulu
6. Lei Nani
7. (They Long to Be) Close to You
8. Pohakuloa/Beyond the Reef
9. Ka’iulani/’Ainahau
10. I’ll Remember You
11. Ku’u Pua I Paoakalani
12. All the Pretty Little Horses

「Mamo」 ネイサン・アウェアウ&ジェフ・ピーターソン

「Mamo」  Nathan Aweau & Jeff Peterson

img_2044


ナ・ホク・ハノハノ・アワード男性最優秀ボーカリストを
何度も受賞したネイサン・アウェアウ(Nathan Aweau)と
スラッキーギターの名手ジェフ・ピーターソン(Jeff Peterson)による
新ユニットMamo(マモ)

「Mamo」はハワイ語で子孫の意味で、
マウイ島の王「カヘキリ」の子孫にあたるネイサンと
ハワイアンのカウボーイである「パニオロ」の子孫であるジェフが
伝統的ハワイアンの楽曲をアレンジしたファーストアルバム


【収録曲】

1.’A ‘Oia!
2.Pua Lililehua
3.Na ‘Oiwi O Ke Kai (Jeff Peterson)
4.Hawai’i Calls
5.Henehene Kou ‘Aka
6.Ku’u Ipo I Ka He’e Pu’e One
7.Maluhia (Jeff Peterson)
8.Papalina Lahilahi
9.Mokihana Lullaby
10.Hawai’i Nei
11.’Aluna Ahiahi (Jeff Peterson)
12.Noho Paipai
13.’Ulupalakua
14.Makee ‘Ailana

Music for the Hawaiian Islands Volume 1(クアナ・トレス・カヘレ)

「Music for the Hawaiian Islands Volume 1 Hawaii Keawe」 
img_2037
Kuana Torres Kahele(クアナ・トレス・カヘレ)は、
元ナー・パラパライのリーダーとして
デビュー時からNa Hoku Hanohano Awardsの常連。

ソロデビュー後に発表した「Kahele」でも
2012年Na Hoku Hanohano Awards6部門を受賞している。

ハワイ6島シリーズ第1弾して発表されたこのアルバムは、
ハワイ島ゆかりの曲で構成されている。

1曲目はタイトルにもなっている「Hawai`i Keawe」

Keawe とはかつてハワイ島を統治した酋長の名前で、
ハワイ島のことをケアヴェの島と呼んでいたことに由来する。

【収録曲】

1. Hawai`i Keawe
2. Aloha No Kona
3. Hamakua Kihi Loa
4. Kawaiahe
5. Kipuka
6. I Laiekawai
7. Ka Uluwehi O Hilo
8. Ku`u Lei Hulili
9. Lei Lihilihi Lehua
10. Na Pana Kaulana O Hilo

Manoa Voices(マノア・ヴォイシス)

 Manoa Voices(マノア・ヴォイシス)は、伝統的なアコースティック・ハワイアンの歌唱コンテストである「Ka Himeni Ana Contest」の2007年度の優勝グループ。
 ハワイ大学マノア校で、アシスタントとして合唱を教えていたChadwick Pangが、彼にに導かれたMamina Koga(古賀まみ奈), Rosanna Perch, Sophronia Smith,Justin Ka‘upuの4名の学生と共にクラスの授業を超え、グループで学内のイベントで披露、ついには「Ka Himeni Ana Contest」で優勝してHula RecordsよりCDデビューを果たしている。

img_2023-002

 古賀まみ奈は、2007年秋に帰国し、つくば市でHulaスタジオを主催、CDの中では“Ui lani”,“Pua mae ole”の 2曲をメインで歌っている。

【収録曲】

1.E Nani E
2.Palisa
3.Pua Mae`ole
4.Beneath the Maori Moon
5.E Koa`e E
6.U`ilani
7.Te Atairangikaahu
8.Ka Ua Loku
9.Manu `O`o
10.Manoa Te Manu
11.Aloha No
12.Ho`onani Ka Makua Mau (The Doxology)

湘南国際マラソン2016 直前対策

2016年12月4日(日)の湘南国際マラソン当日まで残り1週間を切りました。

 メインとなるフルマラソンは、2016年も大磯プリンスホテルが拠点となり、西湘バイパスを東へ向けスタート。平塚・茅ヶ崎・藤沢と海岸沿いの国道134号線と東進し、江の島入口で折り返し。折り返しからは、国道134号線西進して大磯まで戻り、大磯プリンスホテル前を通り過ぎて西湘バイパス二宮ICまで走って折り返し、また大磯プリンスホテルへ戻るという42.195kmとなっています。


 この長い距離を走るには体重60kgのランナーで約2500kcalが必要ですが、通常、糖は1900kcal程度しか体に蓄積されておらず、30km過ぎのガス切れが起こりがちです。

 そこで、フルマラソンレース直前に、高糖質食を採り筋肉に糖をため込むことが、レース後半のガス切れを防ぐ手段として知られています。
 具体的には、12/1(木)の食事から当日12/4(日)の朝まで、肉や魚・野菜のおかずと取らず、麺、ごはん、パンなど炭水化物のみを取ります。
 当日朝は、クエン酸を含んだ果物か果汁100%のオレンジジュースを加え、グリコーゲン蓄積に効率よく働くクエン酸を合わせて摂取します。

 残り数日、疲れを残さない軽めのトレーニングと体調管理で、万全の準備でレースに臨みましょう。

 

 

2016年 しし座流星群 11月17日深夜から18日未明

2016年のしし座流星群が11月17日(木)夜から18日(金)未明にかけて見頃を迎えます。

今年はスーパームーンの満月から数日しか経っていないのに加えて、「しし座流星群」のピーク(極大)は17日の19時頃で、しし座はまだ地平線の下と観測条件が良くありません。未明が観測に最も適した時間となりますが、1時間に数個レベルと予想されています。



しし座は17日23時頃よりに東~南東の空に上ります。しし座の1等星レグレスが放射点の近くにあるので、目印にすると良いでしょう。流れ星は空のどの方向にも飛ぶので、しし座のある方向だけでなく空を広く見渡すようにしましょう。

しし座流星群の母天体であるテンペル・タットル彗星は33年周期で太陽の近くに回帰しています。前回大出現を見せた1999年の回帰の前後は、1時間に1000個を超える出現が観られましたが、彗星が太陽から遠くにある最近は1時間に数個程度しか期待できないようです。次回の大接近は2031年になると予想されていますが、現在見える限りで楽しみましょう。

気になる17日夜の湘南のお天気は、雲の少ない夜空になりそうです。観測される方は、防寒に万全の態勢で臨みましょう。

湘南国際マラソン2016

 2016年12月4日(日)の湘南国際マラソン当日まで残り2か月と近づいてきました。

 エントリーしたランナーの自宅には、開催案内のブックレットと共にTシャツ&ゼッケンが届き、否が応でも気持ちが高ぶります。

 メインとなるフルマラソンは、2016年も大磯プリンスホテルが拠点となり、西湘バイパスを東へ向けスタート。平塚・茅ヶ崎・藤沢と海岸沿いの国道134号線と東進し、江の島入口で折り返し。折り返しからは、国道134号線西進して大磯まで戻り、大磯プリンスホテル前を通り過ぎて西湘バイパス二宮ICまで走って折り返し、また大磯プリンスホテルへ戻るという42.195kmとなっています。


 来る11月5日(土)には、辻堂・テラスモール湘南でプレイベント「SHONAN HAPPY DAY」が開催。

 スペシャルゲスト審査員に「はるな愛さん」を迎え、大会公式イメージガールコンテスト SHONAN JANEの最終選考会が行われ、SHONAN JANEグランプリ・準グランプリの2名が決定します。

 その他、テラスモール湘南内特設ブースで行われるコンテンツに参加すると、湘南国際マラソン出走権やニューバランスジャパンのランニンググッズなど豪華賞品が当たるカプセルゲームに挑戦できます。ニューバランスのシューズを試し履きもできますので、タイム短縮を狙うランナーの方にもお勧めのイベントです。

 朝晩と日中の気温の温度差が大きい季節となりましたが、残り2か月、体調管理に気を使いながら自己ベスト更新へ向け、お互い頑張りましょう。



湘南海岸公園まつり2016は10月16日(日)

 一足飛びに秋の深まりを感じる季節となりましたが、まだまだ湘南は熱いイベントが続きます。

 2016年10月16日(日)鵠沼海岸サーフビレッジにて「第7回湘南海岸公園祭り」が開催されます。

 昨年は、湘南なぎさフェスタ2015として市外の団体と共同でのイベントでしたが、2016年は2週に分けて開催されることとなりました。今週は、地元で活動するサークル中心のアットホームなイベントです。
2016%e6%b9%98%e5%8d%97%e6%b5%b7%e5%b2%b8%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a
 サーフビレッジお馴染みの芝生ステージでは、江の島出身 佐竹祥子先生 主宰の「ナー・メア・フラ・オ・コーナネ(Na Mea Hula O Konane)」によるフラダンスと地元のウクレレサークル「Ukule’a(ウクレア)」の演奏が行われます。

 佐竹祥子先生はハワイ・オアフ島 Olana・Ai&Haword・Aiに師事し、2004年5月1日設立で、藤沢鵠沼を中心に活動しています。

 ステージは、12:00スタートで15:00まで。終盤はウクレレサークル「Ukule’a(ウクレア)」のメレフラタイムも予定されています。

 その他、盛りだくさん。お天気は良さそうですので、家族連れでどうぞ

☆マリンスポーツ親子体験教室・ビーチクリーン
  10:00~(海岸)
 
☆フリーマーケット(飲食ブースあり)
  10:00~(水の広場)
 
☆ 海浜植物の保護育成活動の展示
  10:00~(水の広場)

☆ わんちゃんのしつけ教室
  レスキュー犬のデモンストレーション
  10:00~(芝生広場)

☆ 鵠沼海岸の生い立ちの展示
  10:00~(展示ホール)

☆ ビーチバレー体験
  10:00~、13:00~(ビーチバレーコート)

☆ ライフセービング活動紹介
  10:00~(水の広場)

☆ 鵠沼の自然及び風景の写真展示
  10:00~(展示ホール)

☆ ビーチヨガ教室
  11:00~(平和の像・多目的広場)

ふじあんnet通信 TOP