ふじあんnet通信

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

2017年茅ヶ崎浜降祭 7月17日(月・祝)海の日早朝

熱中症の危険が感じられる暑い日が続き、梅雨明けも迫る中、次週7月17日(月・祝)海の日に茅ヶ崎海岸で、海の男のお祭り「浜降祭」が開催されます。



湘南では、正月より各地で行われる海上渡御(かいじょうとぎょ)の御神輿が有名ですが、中でも茅ヶ崎の浜降祭は、茅ヶ崎市・寒川町の34神社から神輿が繰り出し壮大なお祭りです。

宮出しを行う神社は、鶴嶺八幡社(4社)、鶴嶺地区(4社)、茅ヶ崎地区(6社)、寒川地区(6社)、松林・小出地区(9社)、南湖地区(5社)

相州神輿独特の「どっこい、どっこい」という掛け声とともに神輿が担がれ、海に入って行く様は勇壮です。昔は、海中に神輿を叩き込むこともある荒っぽい祭りでしたが、神輿を新調する出費や怪我などもあって、女性や子供も担げるように変わってきたようです。

それでも神輿が海に沈むハプニング有り、迫力ある神輿担ぎは今も健在です。

神輿が海に入る「みそぎ」は、午前4時頃~の入場時と式典終了後の8時以降に行われますが、たくさんの神輿が海に入るのを見られるのは、お発ち(式典後一斉に神輿が動き出す)の後の8時過ぎです。


開催日時:2017年7月17日(月・祝)海の日 早朝4時頃から
開催場所:茅ヶ崎市西浜海岸(サザンビーチ茅ヶ崎)

茅ヶ崎駅南口から有料シャトルバスが午前4時から10分おきに運行しています。3連休の最終日、早起きして出かけましょう。

John Ka’imikaua(ジョン・カイミカウア) From Deep Within

伝説のクムフラ、故ジョン・カイミカウア(John Ka’imikaua)は、
モロカイ島のフラ・イベントであるカ・フラ・ピコ・フェスティバル(Ka Hula Piko Festival)
の創設者としても知られています。

口承で伝えられてきた古代におけるモロカイ島の歴史(mo’olelo )によると、
モロカイ島西、マウナロア山の平原に位置するKA’ANAがフラ生誕の地として語られています。

La’ila’i(ライライ)という名前の女性が、マウナロア山のPu’u Nana丘にあるKa’anaに家を構え、
初めてHULAを踊り、その独特な踊りを人々に広めました。

HULAは、モロカイ島からその他の島々にも広まりましたが、ライライの死後に迫害を受け、
ライライの子孫だけにひそかに継承され、神聖なKA’ANAの地だけで踊るものとなりました。

ライライの5世代後に、ライライの一族としてLAKA(ラカ)が誕生しました。
LAKAは姉から教わったHULAを一族の許可を得ずに、モロカイ島を出てその他の島にもHULAを広め、
そして、HULAはハワイ諸島全島に広められました。

以後、LAKAがHULAを踊った最初の女性として今日まで語り継がれています。

カ・フラ・ピコ・フェスティバル(Ka Hula Piko Festival)では、
教室やレクチャーが1週間にわたり行われた後、
お祝いの日であるホオラウレア(ho’olaule’a)に最高潮に達し、

ハワイ州全域のフラハラウ(Hula Halau)が
夜明け前にマウナロアの丘の上に集まり、神聖な日の出の儀式に参加します。

伝説ではこの丘は、フラダンスが初めて踊られた場所だと伝えられています。

1997年発売の「From Deep Within 」(by John Ka’imikaua )は、
モロカイのフラの歴史を語るアルバムです。

【収録曲】

1.He Kama A Hina
2.Kaulana Wale No `O Moloka`i
3.Dreary Afternoon
4.Hilo I
5.Hilo II
6.Rain
7.Ka Beauty Poepoe Lani
8.Sugar Mila
9.Fly Away
10.Hale Likikini
11.Hope for Morning Soon
12.`Alohilohi `O Ka La
13.Kahuna `Ana`ana
14.Wil’s Song
15.Ka`ana

2017年鎌倉あじさい名所(明月院・長谷寺)が見ごろ

梅雨入りしたのにも関わらず、お天気に恵まれている鎌倉ですが、鎌倉のアジサイは、これからが見ごろとなります。

鎌倉の紫陽花(アジサイ)と言えば、明月院・長谷寺・成就院の3寺が三大名所として有名ですが、成就院は参道改修工事とアジサイ植え替えのため見ることができません。(2015年、2016年、2017年の3年間お休み)

残りの2寺(明月院・長谷寺)のアジサイは、これからが本番、週末は混雑が予想されます。



明月院のアジサイは、日本古来の「姫アジサイ」で、これから6月末にかけて青の濃さが増していきます。
その見事な青さは「明月院ブルー」と呼ばれ必見ものです。

【明月院】
神奈川県鎌倉市山ノ内189(JR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩10分)
拝観時間:8:30~17:00
拝観料:500円


長谷寺の眺望散策路(あじさい路)には、約40種類・2500株もの「アジサイ」が植えられており、あじさい路からは由比ガ浜の海の眺めも合わせて楽しむことができます。

【長谷寺】
神奈川県鎌倉市長谷3丁目11−2(江ノ電「長谷駅」より徒歩5分)
拝観時間:8:00~17:00
拝観料:300円

土日は、入場までに2時間を超える待ち時間が予想されています。夕方は入場打ち切りとなる場合があるようなので、お出かけの際は時間に余裕を持って行きましょう。

ALOHA Sunset 2017 in 江の島

今年もアロハ・サンセットの季節となりました。

5月27日(土)、5月28日(日)の午後から夕暮れ時まで、江の島シーキャンドルイベントステージ(江の島サムエル・コッキング苑内)にてアロハサンセット2017が開催されます。



出演予定のハラウが次の通り

フラ・ハラウ・オ・レイラニ、 カロケ・メレメレ・フラスタジオ・トカリガ、 ティアレ・フラグループ、
ナー・レイ・オ・ポーポーハウ、 ハラウ・フラ・オ・ナー・カマリイ・オ・カラー、 イリマ・マヒプア・レミ・フラスタジオ、 ヒイレイ・ナ・マヌイヴァ・ナ・プア・ハラ・オ・チガサキ、 フラ・ハラウ・カポリオル・オ・マカナ、 ヴァイテア、 ナー・メア・フラ・オ・ククナオカラー、 ナー・メア・フラ・オ・コナネ、 ハラウ・オ・レイナアラ

フラの前後で
ゲストミュージシャン:Franz Kahale(from Big Island)、 ChiyoTiaのLIVEが行われます。

タイムテーブル
12:00 HULAステージ1
13:30 HULAステージ2
14:30 ChiyoTia
15:40 HULAステージ3
16:40 Franz Kahale(from Big Island)

明日5月28日(日)はWahine Hula&Kane Hula Day:ワヒネフラ(女性)&カネフラ(男性)となっています。

出演予定ハラウは次の通り。

フラ・ハラウ・オ・レイラニ、 カロケ・メレメレ・フラスタジオ・トカリガ、 ティアレ・フラグループ、
ハラウ・フラ・オ・ナー・カマリイ・オ・カラー、 イリマ・マヒプア・レミ・フラスタジオ、
ヒイレイ・ナ・マヌイヴァ・ナ・プア・ハラ・オ・チガサキ、 ナー・レフア・オ・ラカ、
カマレイ・ポリネシア・ダンススクール、 ヴァルア・テフイプロトゥ、 ヴァイテア、 スタジオ・コナブリーズ、
レイ・アロヒ、 ナー・メア・フラ・オ・ククナオカラー、 ナー・メア・フラ・オ・コナネ、 ナー・リコオカパライ、
ハラウ・オ・カイ・マリノ

ミュージシャンは、前日のFranz Kahale(from Big Island)に加えて、LauLa/エルア・クマが出演。

タイムテーブル
12:00 HULAステージ1
13:10 エルア・クマ
13:30 HULAステージ2
14:30 フラハラウ・オ・レイラニ
15:20 Franz Kahale(from Big Island)
16:10 HULAステージ3
17:10 LauLa

開園時間は12:00~Sunset(18:00頃)

昨日の雨と打って変わり晴天に恵まれましたが、紫外線が強いのでご注意ください。
また風が強いため、夕方は寒く感じるかもしれません。
初夏の江ノ島を楽しんでください。

2017年第12回湘南国際マラソンいよいよエントリー開始

2017年の第12回湘南国際マラソンが、
いよいよ今週末の5月20日(土)10:00~新設されたトレーニング枠100人よりエントリーが開始。

2015年より12月第一日曜日に開催されている湘南国際マラソンの2017年開催日は、12月3日(日)。

フルマラソンは、9:00スタートで今年も19000人の募集枠が設定されています。

2017年も大磯プリンスホテルが拠点となり、西湘バイパスを東へ向けスタート。
平塚・茅ヶ崎・藤沢と海岸沿いの国道134号線と東進し、江の島入口で折り返し。
折り返しからは、国道134号線西進して大磯まで戻り、
大磯プリンスホテル前を通り過ぎて西湘バイパス二宮ICまで走って折り返し、
また大磯プリンスホテルへ戻るという42.195kmとなっています。


これまでの「湘南エリア優先枠」は、「湘南コース沿線優先枠」と名前を変え
沿線3市2町(大磯・二宮・平塚・茅ヶ崎・藤沢)の在住者が登録可能。
エントリーは、5月20日(土)20:00~ RUNNETのインターネット受付となっています。

地元開催の湘南国際マラソンゆえに、何とか「湘南コース沿線優先枠」をGETしたいのですが、
エントリーできなかった場合は、一般1次募集【フルマラソン】募集:5月27日(土)20時~にかけます。

今年も何とかエントリーできますように…

4月22日アースデイ 江の島フラ・パラダイス

明日4月22日は、地球環境について考える日:アースデイ(International Mother Earth Day)です。

 2011年・東日本大震災時の福島原発トラブルの影響が今もなお残る中、今年も日本各地でアースデイのイベントが開催されます。

 そして、神奈川・湘南江の島では、被災地福島県富岡町・南相馬市の方々と交流を続けているアースデイ湘南が、アースデイのイベントとして、今年も1000人フラ、100人ウクレレ「江の島フラ・パラダイス」を開催します。



 アースデイ湘南実行委員長の地元ミュージシャンHALF MOON・琢磨啓子さん作詞作曲「世界中の子供達」を通じて、世界の人にフラの愛と平和の心を届けるというイベントです。
 
 また、この交流がきっかけで出来た富岡町の「フラチーム・ワロハ」と一緒になって、富岡町復興応援ソング「桜舞う町で」を一緒に踊り、世界に平和のメッセージを配信します。

 当日は、12時30分~16時30分に江の島サムエルコッキング苑シーキャンドルイベントステージでイベントが行われます。(参加費無料ですが、サムエルコッキング苑入場料:大人200円、小人100円がかかります)

 詳しくは、アースデイ湘南実行委員会ホームページ(http://www.earthday-shonan.org)へ

メリー・モナーク・フェスティバル2017

2017年のメリー・モナーク・フェスティバルが近づいてきました。

4月16日(日)からスタートし、
コンペは4月20日からEarth dayの4月22日のまで行われます。

4月19日(水) Hōʻike Performances(前夜祭)
4月20日(木) Miss Aloha hula
4月21日(金) Group Hula Kahiko
4月22日(土) Group Hula ʻAuana & Awards



4月20日(木)から始まるコンペはKFVEによりインターネットで生中継。

2017年のコンペにエントリーしているのは、下記23ハラウ。カーネの出場ハラウに今年も注目です。

1. Hālau Hula Olana, Nā Kumu Olana and Howard Ai & Shelsea Ai Apana (wahine)

2. Hālau I Ka Wēkiu, Nā Kumu Karl Veto Baker & Michael Casupang (wahine & kāne)

3. Ka Pā Hula O Ka Lei Lehua, Kumu Snowbird Puananiopaoakalani Bento (wahine & kāne)

4. Ka Pā Hula O Kauanoe O Wa‘ahila, Kumu Maelia Loebenstein Carter (wahine)

5. Hālau Ka Liko Pua O Kalaniākea, Kumu Kapua Dalire-Moe (wahine)

6. Hālau Mōhala ‘Ilima, Kumu Māpuana de Silva (wahine)

7. Hālau Hula ‘O Kahikilaulani, Kumu Nāhōkūokalani Gaspang (wahine & kāne)

8. Hālau Nā Lei Kaumaka O Uka, Kumu Nāpua Greig-Nakasone (wahine)

9. Hālau Ka Lei Mokihana o Leinā‘ala, Kumu Leinā‘ala Pavao Jardin (wahine)

10. Hula Hālau O Kou Lima Nani Ē, Kumu Iwalani Kalima (wahine)

11. Hula Hālau ‘O Kamuela, Nā Kumu Kunewa Mook & Kau‘ionālani Kamana‘o (wahine)

12. Hālau Hi‘iakaināmakalehua, Nā Kumu Robert Ke‘ano Ka‘upu IV & Lono Padilla (wahine)

13. Hālau O Ka Hanu Lehua, Kumu Kamaka Kukona (wahine)

14. Hālau Manaola, Kumu Nani Lim Yap (wahine)

15. Ka Lā ‘Ōnohi Mai O Ha‘eha‘e, Nā Kumu Tracie & Keawe Lopes (wahine)

16. Kawaili‘ulā, Kumu Chinky Māhoe (wahine & kāne)

17. Pukalani Hula Hale, Kumu Hi‘ilei Maxwell-Juan (wahine)

18. Hālau Kekuaokalā‘au‘ala‘iliahi, Nā Kumu Haunani & ‘Iliahi Paredes (wahine & kāne)

19. Hālau Hula ‘O Nāpunaheleonāpua, Kumu Rich Pedrina (kāne)

20. Ke Kai O Kahiki, Kumu La‘akea Perry (kāne)

21. Kawai‘ulaokalā, Kumu Keli‘iho‘omalu Puchalski (kāne)

22. Hālau Hula O Kauhionāmauna, Kumu Denise Kauhionāmauna Kia Ramento (wahine)

23. Hālau Hula Ka Lehua Tuahine, Kumu Ka‘ilihiwa Vaughan-Darval (wahine & kāne)

Aloha Festivals Falsetto Contest Winners Vol. Ⅲ

Aloha Festivals Falsetto Contest Winners Vol. Ⅲ



1992年にハワイ島で始まったファルセットコンテストは、
1994年にオアフ島、2003年にマウイ島、2005年にカウワイ島へと拡がり
ハワイ4島で行わている。

2000年にHula Recordsが過去の受賞者を集めてレコーディングを行い、
Aloha Festivals Falsetto Contest Winnersとして
vol.1~4 までシリーズ化。

続くvol.5~8は前年のファルセットコンテスト受賞者を収録している。

このVol.3には、
Kaumaka`iwa Lopaka Kanaka`ole、
Bulla Ka`iliwai、
Cody “Pueo” Pata らが収められており

2003年Na Hoku Hanohano Awardsにて
Compilation Album of the Yearを受賞した。

【収録曲】
1.Medley/I Ali`i No `Oe Le`a Kukona/Yodel Song Le`a Kukona
2.La`ieikawai Kaumaka`iwa Lopaka Kanaka`ole
3.Nawiliwili Chan Abenes
4.Kane`ohe Le`a Kukona
5.A He Nani Moloka`i Clyde “Kindy” Sproat
6.Ka Pili Oha Kaumaka`iwa Lopaka Kanaka`ole
7.Ka Nani O Ka Pali Bulla Ka`iliwai
8.Pauoa Liko Ka Lehua Le`a Kukona
9.I Ka Wao
10.Hula O Makee Le`a Kukona
11.Blue Darlin’ Frank B. Shaner
12.Mele Hinalea Cody “Pueo” Pata

マーク・ケアリイ・ホオマル Po’okela Chants

マーク・ケアリイ・ホオマル(Mark Keali’i Ho’omalu)

トレードマークとも言える黒いサングラスをつけてステージに上がり、
クムフラとしてチャントを唱え、カヒコを導くその姿は、異端として際立つだけでなく
女性までがフンドシ姿で力強く踊るフラに圧倒されたのが、
初めて見た2016年11月の鎌倉芸術館クリスマスコンサートであった。

IMG_2321-001

1999年にチャントを収録した、この「Po’okela Chants」でデビューしたマークは、
2002年に大ヒットしたディズニーのアニメ映画「リロ&スティッチ」の音楽を担当して
一躍、世界中に知られる存在となり、
2017年2月よりオークランドに拠点を持つ「アカデミーオブハワイアンアーツ」の日本校がついに開校。

CDデビューアルバムを入手したので、ついでに曲目紹介
1.Medley
 • Ke Ha`a La Puna I Ka Makani
 • Ke Ha`a La Puna I Ke Ahi `Ena`ena
2.Na Hana Nui A Maui
3.Keaomelemele
4.Ka Huaka`i Pele
5.Ke Kaua A Kukauakahi
6.He Mele No Ka`uhiniele
7.Kawika
8.He Mele Inoa O Kalakaua
9.Holo Ana O Kalakaua
10.He`eia
11.Aia `O Kalani I Maleka
12.Ki`ina `Ia Aku Na Pae Moku

「楽園」KALAPANA SINGS SOUTHERN ALL STARS

「楽園」 KALAPANA SINGS SOUTHERN ALL STARS
kalapana1
ハワイアンAORの代表的バンドとして名を残した
Kalapana(カラパナ)

マラニ・ビリュ―(Malani Bilyeu)
D・J・プラット(DJ Pratt)
ケンジ・サノ(Kenji Sano)
ゲイロード・ホロマリア(Gaylord Holomalia)の4人に加え、

亡きマッキー・フェアリー(Mackey Feary)
が在籍していた5人の時代に作られた
サザンオールスターズのヒット曲をカバーしたアルバム。
kalapana2

全曲、英語で歌っており(もちろんサビも英語)、
カラパナ色の強いオリジナルアルバムのようである。

【収録曲】

1. C調言葉に御用心
2. 真夏の果実
3. JUST A LITTLE BIT
4. ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEWDAY)
5. YA YA(あの時代を忘れない)
6. Melody(メロディ)
7. PLEASE!
8. 愛する女性とのすれ違い
9. いとしのエリー
10. 忘れられたBIG WAVE

そしてもちろん国内限定盤。あの頃は「楽園」だった…と郷愁を感じさせる1枚です。

ふじあんnet通信 TOP