第8回湘南国際マラソン エントリー集中 2次募集も20分で終了

 6月29日(土)20:00から始まった第8回湘南国際マラソンの2次募集フルマラソン・エントリーはおよそ20分で終了。1次募集のエントリー障害で2次募集に望みを掛けたランナー達の多くは、出場の機会を得ることができなかった。

 6月1日(土)20:00からのフルマラソン一般1次募集時は、ユーザーからのエントリーが集中しシステム障害が発生。システムが復旧したのが翌日の2:00で、状況がわからずに途中でエントリーを諦めたランナーが多かったようだ。

 湘南国際マラソンは、首都圏近郊のフルマラソンであり、JR東海道線の大磯駅へのアクセスも容易であることから、最近の市民マラソンブームに乗って人気が急上昇。当日ランネットのエントリーページにアクセスが集中した結果、障害が発生してシステム再起動となったとのこと。
 ランネットは、今年3月にエントリーシステムの増強を実施し、処理速度は5倍にUPしていたが、予想を上回るアクセス集中であったようだ。

 今後も、一部の人気マラソンにはエントリー時のアクセス集中が予想され、再接続の繰り返しをランナーに強要する今のシステムは根本的に見直す必要がある。人気マラソンのエントリーは早い者勝ちではなく抽選にするなど、ユーザーへの負荷を減らし、公平にエントリーできるようなシステム構築をお願いしたい。

 また一年後、再エントリーを頑張るつもり。今度はエントリーシステムが改善されスムーズに結果が判明されることを希望する。

 来年の湘南国際マラソンまで一年半、「継続は力なり」地道にトレーニングを続けていきたい。

湘南国際マラソン2013

 

コメント