感染性胃腸炎・ノロウイルス流行 神奈川 | ふじあんnet通信

Sponsored Link

感染性胃腸炎・ノロウイルス流行 神奈川

11月も終わりを迎え、例年より遅れながらもノロウィルスに代表される感染性胃腸炎が流行の兆しを見せている。

神奈川県衛生研究所11月28日発表の「平成25年第47週(11月18日~11月24日) 神奈川県感染症発生動向概要」によると、県内213ヶ所の小児科定点の医療機関からの患者報告数は、1425人(前週1273人)となっている。
神奈川県 ノロウィルス

定点当たり報告数は7.27(前週6.18)と前週よりも18%増加、報告のあった医療機関は、神奈川県196ヶ所(県域73ヶ所、横浜市75ヶ所、川崎市33ヶ所、相模原市15ヶ所)。 

横浜市では、「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」(横浜市西区)の客181人が、下痢などの体調不良を訴えており、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の可能性が高いと見られている。

例年、12月中に感染性胃腸炎の患者数がピークとなることから、子どもや高齢者のご家族をお持ちの方は、十分な注意が必要。

特徴的な症状と対応は、次の通り。

■ノロウイルスは感染すると数時間から数日で嘔吐(おうと)や下痢を繰り返します。通常は、数日で落ち着きますが、嘔吐(おうと)や下痢を繰り返しにより脱水症状を起こしやすく、特に子供や高齢者の患者は、水分補給を十分行うことが重要です。
 
■食事・調理の前の手洗いと、まな板や調理器具の殺菌が重要です。また、ウイルスを含む貝類を警戒した十分な加熱調理(85℃1分以上)が予防のポイントとなります。

上記報告以上に、職場でお腹の不調を訴える人が増えている。流行の前に地域で協力して感染予防措置の啓蒙を行っていきたい。



Sponsored Link

もっと詳しく知りたい事や
記事の内容に不備等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ふじあんnet通信

この記事へのコメント

ふじあんnet通信 TOP » 健康, 湘南なう » 感染性胃腸炎・ノロウイルス流行 神奈川 - ふじあんnet通信