雪が消えたら今度は花粉症対策 湘南・藤沢の飛散状況は? | ふじあんnet通信

Sponsored Link

雪が消えたら今度は花粉症対策 湘南・藤沢の飛散状況は?

 神奈川県でも3月の花粉症本番を前に、マスク装着による警戒が始まりました。
 今年も2月3日より湘南地域・藤沢の花粉飛散状況は、環境省の花粉観測システム(はなこさん)で確認することができます。

 2月14日に発表された環境庁による今年の花粉飛散量予測第3報によると、関東より西の地方のではいよいよスギ花粉の飛散が始まったとのことです。その他の地域も2月中旬から飛散が開始する地域が多くなると予測されています。

 今年のスギ・ヒノキ花粉の総飛散量は、昨シーズンの平成25年春と比較して、全国的に少なくなると予測されていますが、多くの地域で2000個を越える可能性があるます。花粉症の方は昨年と同様にマスク、メガネを着用するなど対策が必要のようです。
 
 神奈川県内では、4箇所の観測地点があり、降雪前の2月8日には、3地点で高花粉量を観測。各地点での花粉観測量は以下のとおりで、丹沢からの北風に乗って湘南地域・藤沢へも運ばれているようです。

神奈川県自然環境保全センター(神奈川県厚木市七沢):
 2月8日6時の花粉飛散量⇒819個/m3

川崎生命科学・環境研究センター(神奈川県川崎市川崎区):
 2月8日15時の花粉飛散量⇒1045個/m3

神奈川県庁分庁舎( 神奈川県横浜市中区):
 2月8日13時の花粉飛散量⇒500個/m3

はなこさん
           【関東圏2月8日6時 花粉飛散地域分布】

ここ2週間は、花粉飛散量が少なめでしたが、残雪が消えた後から本番を迎えますので、これからの動向に注意しましょう。

Sponsored Link

もっと詳しく知りたい事や
記事の内容に不備等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ふじあんnet通信

この記事へのコメント

ふじあんnet通信 TOP » 健康, 湘南なう » 雪が消えたら今度は花粉症対策 湘南・藤沢の飛散状況は? - ふじあんnet通信