片瀬諏訪神社 2014年8月例大祭(濱降式・神幸祭)

2014年8月23日(土)より始まった片瀬諏訪神社例大祭は8月27日(水)の濱降式・神幸祭でクライマックスを迎えます。
本祭の27日は早朝5時より濱降式(濱降り際)が片瀬東浜で、午後6時からは龍口寺から諏訪神社まで山車のパレードが行われます。

 出発前に礼拝を済ませ、午前4時に片瀬諏訪神社(下諏訪神社)から五町内のそれぞれの神輿が片瀬東浜へ向けて出発。

 新屋敷(あらやしき)、西片、西浜、東り町(とおりまち)、下の谷(しものや)五町内の囃子屋台が神輿を先導しながら、湘南白百合⇒小田急片瀬江の島駅を通って弁天橋経由で国道134号ガード下を抜け、片瀬東浜までパレード。
 
 午前5時ごろからお祓いを済ませて、海へ入水、海上渡御(かいじょうとぎょ)が行われる予定。

 午後6時には、龍口寺前に五町内の山車が集合。午後6時半に龍口寺前より担いで渡御し、五町内屋台が先導しながら、宮神輿、五町内山車の順で国道467号線を諏訪神社までパレードを行い午後8時半に宮入りとなります。

 神輿の担ぎ方は「どっこい担ぎ」ではなく湘南地区には珍しい「江戸前担ぎ」です。

平成25年 藤沢・片瀬諏訪神社例大祭 神輿発輿=渡御
 そしてこの祭りの最大の山場は「ぶん回し」。若い衆数人が山車をつかんで勢いよく回転させます。

 パレードの途中、横浜銀行片瀬支店前、三浦藤沢信用金庫片瀬支店前、諏訪神社前、片瀬脳神経外科病院前の4ヶ所で行われるのでパレードを見に行かれる方は必見です。

コメント