鵠沼皇大神宮例大祭8月17日

2015年も夏休みが中盤を迎え、恒例の鵠沼皇大宮の夏祭り「鵠沼皇大神宮例大祭」が8月17日に迫る中、藤沢市鵠沼地域のあちこちでは神明太鼓が聞こえてきて、熱の入った祭り囃子の練習が行われています。

8月6日(木)、7日(日)には、本鵠沼商店街の納涼祭が開かれ、原町内会・仲東町内会の子供たちが神明太鼓の練習の成果を披露しました。

17日(月)の本番・鵠沼皇大神宮例大祭では、いずれも明治中期に作られた伝統ある9台の人形山車が勢ぞろい。午後2時からパレードスタート、山車が境内に整列してから神事が始まり、激しい神明太鼓の競演が午後5時まで行われます。

2014 鵠沼 皇大神宮 例祭 人形山車 / HD1080p
【2014年鵠沼皇大神宮例大祭】

 登場する人形山車は、下記のとおり。

 一番 宮之前町(那須与一)
 二番 上村町(源頼朝)
 三番 清水町(神武天皇)
 四番 宿庭町(源義経)
 五番 苅田町(徳川家康)
 六番 大東町(楠木正成)
 七番 仲東町(浦島太郎)
 八番 原町 (日本武尊)
 九番 堀川町(仁徳天皇)

人形山車の人形部分は、雨に濡らすことができないため雨天時には飾られず、山車部分のみの参進となります。この時期、雨になることは少ないようですが、17日(月)は、暑すぎないほどほどのお天気に期待したいものです。

コメント