インフルエンザ流行  神奈川各地で注意報発令 藤沢市も

 1月17日、神奈川県は、2013年第2週(1月7日~1月13日)のインフルエンザ患者報告数が定点観測地点で4250人に上り、定点当たり報告数が「13.12」と前週(定点当たり報告数2.77)よりも大きく増加、注意報の指標「10.0」を超えたため、インフルエンザ流行注意報を発令した。
1

 神奈川県の地域別に見ると、注意報レベルに達していないのは、東南部鎌倉市、横須賀市、三浦市の3市のみとなっており、藤沢市も「10・64」と注意報レベルを超え、厚木市に至っては「21.82」と警報レベルに近づきつつある。

 学級閉鎖についても、1月16日より藤沢市で、市立秋葉台中学校の1年1クラスが学級閉鎖。茅ケ崎市でも同日より、市立鶴嶺小学校の3年1クラスと市立中島中の1年1クラスが学級閉鎖となった。両市とも公立小中学校では本年度初の学級閉鎖とのことである。
3連休の寒波で患者数が急増したものと見られ、15日の欠席者数のうちインフルエンザと診断された生徒数は秋葉台中が8人、鶴嶺小が5人、中島中が4人となっており、インフルエンザと診断されていない欠席生徒の中にも感染者がいるものと思われる。

 昨年より、1週間早い注意報発令となり、例年の傾向に習うと今後、1月下旬から2月上旬にピークを迎えるものと見られ、受験生、幼児、お年寄りが回りに方は、特に感染予防と感染拡大の防止の注意をしましょう。

コメント

  1. ふじあん より:

    1月24日最新情報をUPしました。⇒

  2. ふじあん より:

    1月31日最新情報UP