神奈川インフルエンザ流行警報が藤沢を含む11地域に拡大 | ふじあんnet通信

Sponsored Link

神奈川インフルエンザ流行警報が藤沢を含む11地域に拡大

 1月31日発表の神奈川県によるインフルエンザ流行情報によると、定点あたりの報告数が「30.0」を超えた警報レベルの地域は、前週、神奈川14地域中、厚木管内のみであったが、今週は、東は隣接する藤沢、茅ヶ崎、大和管内を越え、鎌倉、横浜、川崎管内へまで11地域に拡大した。

 1月21日~27日一週間の神奈川県定点報告患者数は13883人、前週の7806人から2週連続して1.8倍に増加。
定点当たりの報告数も前週の23.30から41.69まで上昇、2010/11シーズンのピーク数を超えた。
1
 患者報告数が多いのは、依然として厚木管内で、定点当たりの報告数も前週39.65が、64.18と猛威を振るっている。他の地域では、川崎、横浜、相模原、平塚、小田原、秦野、茅ヶ崎、大和の8地域でも定点当たりの報告数が40を超えている。

 藤沢市でも前週の定点患者報告数20.57から30.29へ上昇してはいるが、周辺の市町村に比べると患者数増加の傾向はゆるやか
である。
 
 県内の小中学校でも依然として学級閉鎖が相次いでおり、お年寄りのいる家庭では、引き続き感染対策に注意が必要である。もうじき、流行のピークを迎え、後は沈静化すると見られていますが、気を緩めずに手洗い・うがいを励行しましょう。

Sponsored Link

もっと詳しく知りたい事や
記事の内容に不備等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ふじあんnet通信

この記事へのコメント

ふじあんnet通信 TOP » 健康, 湘南なう » 神奈川インフルエンザ流行警報が藤沢を含む11地域に拡大 - ふじあんnet通信