東京都風疹流行 神奈川・湘南にも拡大 | ふじあんnet通信

Sponsored Link

東京都風疹流行 神奈川・湘南にも拡大

 ニュースで報じられているとおり、2013年東京都を中心に大流行を見せている風疹が、神奈川県湘南・県央にも広がっている。

 例年、春から秋にかけて流行するのだが、昨年大流行した流れを引きずり、2013年の年初より、東京都を中心に感染者が増加していた。
風疹累積報告数2013
             【国立感染症研究所・公開資料】

 全国の2013年第1週(12/31~1/6)から第5週(1/28~2/3)までの累積報告数は339例で、都道府県別では、第1位が東京都の157例、続いて第2位が50例の神奈川県となっていた。

 2月14日の神奈川県の発表では、第6週(2/4~2/10)の神奈川県の報告数は14例で、横浜市が6例、川崎市が8例となってる。
 第1週(12/31~1/6)から第6週(2/4~2/10)までの累積報告数は、横浜市が31例、川崎市が23例、大和が3例、藤沢市、鎌倉市、相模原市が2例、小田原、厚木が1例と県央・湘南地域にも広がりを見せている。

 風疹は、免疫のない妊婦が妊娠初期に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染して、先天性風疹症候群 (CRS)と呼ばれる障がいを引き起こす可能性がある。昨秋からこの障がいを持った出生児が全国で6例報告されており、妊婦のいる家庭では特に感染に注意が必要だ。

 予防接種が有効であるが、現在の40代以下の世代で、風疹の予防接種率が低いことが流行の拡大につながっているようだ。妊娠可能年齢の女性で風疹ワクチン未接種の方は、早めの予防接種が推奨されている。

Sponsored Link

もっと詳しく知りたい事や
記事の内容に不備等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ふじあんnet通信

この記事へのコメント

ふじあんnet通信 TOP » 健康, 湘南なう » 東京都風疹流行 神奈川・湘南にも拡大 - ふじあんnet通信