神奈川・花粉症対策も本番直前 湘南・藤沢の飛散状況は?

 神奈川県在住の方々も3月の花粉症本番を前に、マスク装着による警戒が始まっています。湘南地域・藤沢の花粉飛散状況は、環境省の花粉観測システム(はなこさん)で確認できます。中国のPM2.5問題のおかげで、同じ環境省の大気汚染物質広域監視システム(そらまめくん)が有名になってしまいましたが、はなこさんも本番の季節到来前の2月より本格稼動を始めました。

 2月8日に発表された環境庁による今年の花粉飛散量予測第3報によると、昨年少量飛散となった関東では今年の花粉飛散量の増加が予想され、前シーズンの2~7倍になる見込みと伝えられています。

 まだ、2月中旬ではありますが、徐々に昨年の3月初め頃と同じ量の花粉飛散が観測され始めました。

 神奈川県内では、4箇所の観測地点があり、2月18日午前9時には、3地点で高花粉量を観測。各地点での花粉観測量は以下のとおりで、丹沢からの北風に乗って湘南地域・藤沢へも運ばれているようです。


神奈川県自然環境保全センター(神奈川県厚木市七沢):2月18日9時の花粉飛散量⇒57個/m3

川崎生命科学・環境研究センター(神奈川県川崎市川崎区):2月18日9時の花粉飛散量⇒69個/m3

国立相模原病院( 神奈川県相模原市桜台):2月18日9時の花粉飛散量⇒73個/m3

神奈川県自然環境保全センター花粉量
           【神奈川県自然環境保全センター2月 花粉飛散量推移】

コメント