【健康】咳風邪が流行の兆し

10月も終わりを向かえ、朝晩と日中の寒暖の気温差大きくなってきました。

日中の日差しのある陽気に油断をしていると、気温の低下に体が追随できず、思わぬ風邪をひいてしまいます。

この冬に向けて、インフルエンザ流行の兆しは、まだ見られておりませんが、昨シーズン学童を中心に流行したAH3亜型ウイルスについては、この夏以降も散見され、今シーズンも流行が懸念されています。

また、A(H1N1)pdm09ウイルスについて、2012年夏以降アジアでの報告が目立っており、帰国者の感染例も報告され今後の発生動向に注意が必要とされています。

さらに、インフルエンザだけではなく、「マイコプラズマ肺炎」が大流行の兆しを見せており、こちらも注意が必要です。
マイコプラズマ肺炎の症状は、風邪と同様に発熱がありますが、鼻水やタンは少なく、乾いた咳で止まらないという特徴があります。

最近、急に冷えてマスクをする人が増えてきましたが、マスクをしてうつされないよう予防することも大切です。

コメント