キヤノン 世界最小・最軽量デジタル一眼レフカメラを発表 | ふじあんnet通信

Sponsored Link

キヤノン 世界最小・最軽量デジタル一眼レフカメラを発表

 3月19日にキヤノンより発表されたデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」と「EOS Kiss X7i」は、4月下旬より発売される。

 本体重量370g・レンズ付きで約407gと、幅116.8mm×高さ90.7×奥行き69.4mmの手のひらサイズで、体積28%カット、重量25%カットを実現した「EOS Kiss X7」は、家電メーカー各社がミラーレス機に主軸を移す中、一眼レフカメラにこだわるキヤノンが小型軽量化で、ミラーレスに対抗しようとしているのだろうか?
 もとより、手のひらの大きい欧米人には、コンパクトデジカメよりもホールド感のある大きめのデジタル一眼の方が、売れ行きが良かったりするものだが、実装部品の小型化を通じて最小・最軽量モデルを掲げたコンセプトが受け入れられるか注目したい。

 また、「EOS Kiss X7i」は、ニコンが3月に発売開始したD5200への対抗機種で、こちらは、「EOS Kiss X6i」の後継。ライブビューモード4コマ/秒の連写機能とハイブリッドCMOS AF採用で、ニコンD5200と同等以上のSPECを実現している。

 デジタルカメラに関して、全方位戦略を掲げるキヤノンであるが、稼ぎ頭であったデジタル一眼レフの廉価版は、今後も存続するできるのか注目して行きたい。

EOS X7

Sponsored Link

もっと詳しく知りたい事や
記事の内容に不備等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ふじあんnet通信

この記事へのコメント

ふじあんnet通信 TOP » 政治・経済・ビジネス » キヤノン 世界最小・最軽量デジタル一眼レフカメラを発表 - ふじあんnet通信