風疹流行 神奈川で再び増加。湘南藤沢市の患者数5人増 | ふじあんnet通信

Sponsored Link

風疹流行 神奈川で再び増加。湘南藤沢市の患者数5人増

 ここ2週間ほど沈静化の兆しを見せていた風疹流行だが、3月22日発表の神奈川県衛生研究所の発表によると、再び風疹患者数が増加に転じた。

 2013年に入って、風疹患者の報告数は、第8週(2月18日から2月24日)でピークを迎えたが、その後の2週間はやや落ち着き、患者数の増加がなくなり、このまま減少に転じる楽観的な観測もあった。
 ところが、第11週(3月11から3月17日)は、県内で51例の報告があり、地域別に見ると横浜市が21例、川崎市が14例、
続いて藤沢市5例、厚木4例、鎌倉市3例、小田原2例、相模原市・秦野・茅ヶ崎で各1例報告されている。湘南地域の藤沢市・鎌倉市で感染が広がっており、今後注意が必要だ。

 2013年の累計患者数は、下記グラフのとおりで、居住人口の多い横浜市・川崎市に次いで、湘南・藤沢市の患者数が多いことが読み取れます。
神奈川県 風疹患者数

 今年になって、大阪で先天性風疹症候群(CRS)と称される障がいを持った男児の症例が1件報告されている。免疫のない女性が妊娠初期に風疹に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染して、出生児に障がいを引き起こす症例である。
 また、先月25歳の成年男性が、風疹ウイルスに感染して風疹髄膜脳炎を発症、高熱・全身痙攣・意識障害などを起こした症例も報告されている。

 今後も風疹の感染情報には充分注意されたい。

Sponsored Link

もっと詳しく知りたい事や
記事の内容に不備等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ふじあんnet通信

この記事へのコメント

ふじあんnet通信 TOP » 健康, 湘南なう » 風疹流行 神奈川で再び増加。湘南藤沢市の患者数5人増 - ふじあんnet通信