神奈川・湘南 風疹流行 大人も予防接種を | ふじあんnet通信

Sponsored Link

神奈川・湘南 風疹流行 大人も予防接種を

 先週、急増した神奈川県の風疹患者数は、全体としては継続して増加傾向にあり、引き続き注意が必要だ。
 3月22日発表の神奈川県衛生研究所の発表によると、下記グラフの通り、特に20代から40代の男性の感染者が増加しており、幼少の頃の予防接種未接種が一原因のようである。しかし、いざ大人が予防接種を受けようにも近隣の病院では、大人用の予防接種が受けられないのが実情である。

風疹 年齢別推移

 地域別に見ると、第12週(3月18から3月24日)は県内で80例の報告があり、地域別に見ると横浜市が26例、川崎市が31例、続いて横須賀市・藤沢市・厚木4例、大和3例、相模原・三崎2例、鎌倉・小田原・秦野・茅ヶ崎で各1例報告されている。川崎市で著しい患者数増加の傾向が見られ、藤沢市も4例と引き続き感染者数の多い状態が続いている。

 風疹は、日本国内での感染流行が抑制されていたため、予防接種の重要性の認識不足があったが、東南アジアを中心とした海外での感染予防のため、これまでも海外渡航者に対する成人への予防接種が奨励されていた。
 神奈川県では、海外渡航者向け日本検疫衛生協会横浜診療所(山下公園前の産業貿易センター)にて風疹の予防接種が受けられ、ここでは、コレラ・破傷風などの予防接種を受けることが可能だ。但し、ワクチンには、保存期限があるため、事前に問い合わせ・予約が必要である。
 風疹の予防接種未接種の大人の方で、身の回りに妊婦がおられる方には、早めの予防接種をお願いしたい。
神奈川件 風疹流行状況

Sponsored Link

もっと詳しく知りたい事や
記事の内容に不備等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ふじあんnet通信

この記事へのコメント

ふじあんnet通信 TOP » 健康, 湘南なう » 神奈川・湘南 風疹流行 大人も予防接種を - ふじあんnet通信