神奈川湘南の暴風雨は6日夜間ピークに<春の爆弾低気圧は地球温暖化の影響>

 昨年4月の爆弾低気圧の再来となった今回の低気圧による暴風雨は、神奈川県内でも4月6日夜にピークを迎えるが、この爆弾低気圧発生の原因となっているのが、北極・シベリア地方から南下するジェット気流の蛇行である。

 そもそも北極の上空には極渦(きょくうず、きょくか)と呼ばれる気流の渦がある。この渦は、北極低気圧とも呼ばれていて、冬に勢力が強くなり、寒気が渦の内側に閉じ込められている。そしてその極渦の縁には、極夜ジェットと呼ばれる強い西風が吹いている。

 冬から春の間に極渦の勢力が弱まると、このジェット気流が南側に蛇行し寒気が南下、日本などの中緯度地方で、冬には寒冷低気圧を加速させて暴風雪を引き起こし、春先には温帯低気圧が爆弾低気圧となって春の嵐を引き起こす。

 この極渦の勢力が弱まる原因とされているのが、地球温暖化にあるらしいのだ。

 温暖化により北極海の氷の減少が観測されているが、夏に北極海の氷が解けて減少すると、秋にかけて北極の大気圧と湿度が上昇、北極と中緯度地方の気圧差・温度差が縮まることで、冬の極渦(北極低気圧)の勢力が弱まり、今回のような爆弾低気圧の引き金となっているとのこと。

 国立環境研究所・地球環境研究センター発表の4月5日から24時間後の極渦予測によると、下図のように極渦境界が樺太北側まで南下することが予測されている。
極渦
 このジェット気流による寒気の流入により低気圧の勢力が強まって、今回の爆弾低気圧につながったと見られている。

 これから、神奈川県を襲う暴風雨には充分注意されたい。

コメント