科学・教育 | ふじあんnet通信

2017年ペルセウス流星群は週末8月12日夜に極大期

2017年も8月12日夜から13日未明の極大期に向けて、ペルセウス座流星群が見頃を迎えます。

 流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。

 彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

 ペルセウス座流星群は、太陽の回りを約130年の周期で公転するスイフト・タットル彗星の軌道を毎年8月に地球が横切る際、ペルセウス座の近傍を放射点とする流星群として観測されるものです。



 2017年の流星群が極大となるのは、8月13日未明の午前4時。12日午後9時過ぎより東から月が上り、北東のペルセウス座流星群の放射点の近くに月があり、月明かりのため観測条件はあまり良くありません。

 ペルセウス座流星群の放射点は北東ですので、その方向を見れば流れ星が見やすいように思いがちですが、流れ星の流れた跡をたどると放射点で交わるのであって、実際には全天に流れ星が見られます。月がなるべく視界に入らないようにしながら、空の広い範囲を眺めるようにしましょう。

 また、11日の夜半から12日未明にかけてと、13日の夜半から14日にかけても、極大の12日の夜ほどではありませんが、多くの流星が出現する見込みです。

 週末の神奈川県のお天気は、今のところ曇時々晴の予報で、雲が多そうですが、雲の切れ間の流星群を期待しましょう。

2016年ペルセウス流星群いよいよ今夜から見頃に 神奈川は晴れ予想

 8月12日夜の極大期にかけて、ペルセウス座流星群が見頃を迎えています。

 流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。

 彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

 ペルセウス座流星群は、太陽の回りを約130年の周期で公転するスイフト・タットル彗星の軌道を毎年8月に地球が横切る際、ペルセウス座の近傍を放射点とする流星群として観測されるものです。

ペルセウス流星群

 2016年の流星群が極大となるのは、8月12日の午後10時。南西に月明かりがありますが、夜半過ぎには沈むため、夜明けまでの間は絶好の観測条件となります。

 また、本日11日の夜半から12日未明にかけてと、13日の夜半から14日にかけても、極大の12日の夜ほどではありませんが、多くの流星が出現する見込みです。

 ペルセウス座流星群の放射点は北東ですので、その方向を見れば流れ星が見やすいように思いがちですが、流れ星の流れた跡をたどると放射点で交わるのであって、実際には全天に流れ星が見られます。

神奈川県のお天気は、今夜から雲の少ない良いお天気となる見込みです。夏の夜のイベントをお見逃しなく。

2015年ふたご座流星群 15日午前3時極大に

 2015年のふたご座流星群は、次週12月15日(火)未明に最大の出現確率となります。

 流星群が最も地球に近づく極大時刻は午前3時ごろで、ふたご座の高度も高く月明かりもないため、ここ数年では最高の条件です。(次回、同じような好条件がそろうのは2023年です。)

 東の空から上ったふたご座が頂点に近づく深夜0時頃には、天から四方八方に流れる流星群を見ることができるでしょう。天候に恵まれれば、町明かりがある郊外で1時間あたり20個程度、市街地でも1時間あたり10個ほどは見える可能性があります。

ふたご座流星群2015

 流星を観察する際は平らなところにマットを敷いて寝転がって見るのが楽です。この時期,外はかなり寒いです。防寒対策は厳重に、温かい飲み物を準備して行くことをお勧めします。

【参考】ふたご座流星群とは

 毎年この季節は、三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」の出現が活発になる時期です。毎年決まった時期に星空の同じ位置を中心にしてにたくさんの流星が流れますが、この流星群は三大流星群と呼ばれています。12月のふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とともに三大流星群のひとつに数えられています。

 流星群は、天球上のある1点から四方八方に放射状に流れるように見えます。この1点を放射点と呼びます。流星群の名前は放射点のある(または放射点の近くの)星座名で呼ばれます。ふたご座流星群はふたご座のα星カストルの近くに放射点があるので、この名前で呼ばれています。

2015ペルセウス座流星群の観察キャンペーン

 夏休みの帰省先の夜空に流星群が見えるかも

 今年のペルセウス座流星群の活動の極大は、日本時間の8月13日15時30分頃ですが、 8月14日が新月のため月明かりの影響がない暗い空で観察ができる好条件の年となっています。

 12日の夜半から13日未明と13日の夜半から14日未明にかけては、夜空の十分に暗い地方で観察すると、1時間あたり30個以上の流星が観られるかもしれません。
 
 そして国立天文台は、8月12日夜~8月15未明の間、1時間に何個流星が観測されたかを国立天文台へ報告する「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーンを開催します。

ペルセウス座流星群2015-1
【神奈川からの8月14日0時の星空】

 流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。

 彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

 ペルセウス座流星群は、太陽の回りを約130年の周期で公転するスイフト・タットル彗星の軌道を毎年8月に地球が横切る際、ペルセウス座の近傍を放射点とする流星群として観測されるものです。

 ペルセウス座流星群の放射点は北東ですので、その方向を見れば流れ星が見やすいように思いがちですが、流れ星の流れた跡をたどると放射点で交わるのであって、実際には全天に流れ星が見られます。

 雲のない良いお天気を期待しましょう。

2014年ペルセウス座流星群は台風明けの8月12日、13日

 8月12日深夜から13日(水)の極大期にかけて、ペルセウス座流星群が見頃を迎えます。

 流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。

 彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

 ペルセウス座流星群は、太陽の回りを約130年の周期で公転するスイフト・タットル彗星の軌道を毎年8月に地球が横切る際、ペルセウス座の近傍を放射点とする流星群として観測されるものです。
ペルセウス座流星群

 2014年の流星群のピークは、13日の午前9時。夜明け前の空が明るくなる前が観測には最高の条件となりますが満月過ぎの月明かりがあり、月を視界に入れないことが何よりも重要となります。

 ペルセウス座流星群の放射点は北東ですので、その方向を見れば流れ星が見やすいように思いがちですが、流れ星の流れた跡をたどると放射点で交わるのであって、実際には全天に流れ星が見られます。

台風11号が通り過ぎた後の好天を期待したいものです。観測するには空が広く全方向を見渡せる見晴らしのいい場所で寝転がって観察するとよいでしょう。

2014年2月の大雪も地球温暖化による爆弾低気圧

 2014年2月8日から9日にかけて首都圏太平洋側に大雪をもたらした爆弾低気圧は、やはり地球温暖化と関係がありそうだ。
 2014年は1月終わりから2月上旬にかけ、南方からの暖気の影響で東日本から中国東部にかけ3月から6月の陽気となっていた。
3
 南方で発生した低気圧は、温暖化による気温上昇で雨雲の中に抱える水蒸気量が増え、四国沖で上空5千メートル付近を流れる偏西風の気流の渦に加速されて発達し、偏西風の南下とともに大陸から流れ込んできた強い寒気で、気温が下がったことが大雪の原因となったようだ。
 
 かねてより、温暖化により北極海の氷が解けて減少すると、北極上空の寒気を閉じ込めてきた極渦と呼ばれる北極上空を西から東向きに流れるか強い風が弱まり、北極上空の寒気が南下して中緯度地域が厳冬に見舞われる事態が発生するといわれてきた。
 これまで、冬は北極地域の気圧が低く、強い極渦により北極上空の寒気を閉じ込めてることができていたが、温暖化により夏に北極海の氷が解けて減少すると、秋にかけて北極の大気圧と湿度が上昇、北極と中緯度地方の気圧差・温度差が縮まることで、冬の極渦が弱まり、北極上空の寒気が南下して中緯度地域が厳冬に見舞われるというもの。
 昨年12月から今年1月にかけては、北米でジェット気流の大きな蛇行が生じて、北極地域から寒波が流れ込み、北米アメリカ各地で平年より平均気温で10℃下回る事態となっている。
 偏西風 蛇行
 12月上旬には寒波に伴う強風の影響で、米国南部や南東部などで30万戸の停電、1月上旬には、東部から中部にかけて最大で14万戸の停電となるなど、世界規模でみても大きな影響が出ていた。

アイソン彗星観測 11月20日までがチャンス

百年に一度の観測のチャンス到来で話題となっているアイソン彗星が、絶好の観測日を迎えています。

国立天文台によれば、 アイソン彗星は、近日点通過時(太陽に最接近するとき)の太陽の中心からの距離が約190万キロメートルまで近づくと計算されており、太陽に極端に近づく軌道を持っているようです。。

太陽に最も近づく11月29日(日本時間)前後には、明るさがマイナス等級に達することが期待されていますが、見かけの位置も太陽に近く地上からの観察は逆に難しいとされています。

もっとも観測しやすいのが直前の11月下旬で、双眼鏡で見つけられる程度の明るさになると予想され、11月18日にはおとめ座の1等星スピカと見かけ上近づき、スピカが彗星を探す際のよい目印となります。明日19日の明け方まで、スピカとアイソン彗星を双眼鏡の同一視野で見ることが可能とのことです。

過去、太陽に非常に接近した彗星は、近日点通過の前後に急激に明るくなり、長く立派な尾が観測されたことがあり、アイソン彗星も長い尾が見られるのではと期待されています。

しかし近日点通過の際に、彗星本体が分裂したり崩壊したりして、姿を消してしまう可能性もあります。これから月末の近日点通過の前に観測のチャンスを狙うのが良いようです。



気になる神奈川のお天気は、朝方に雲が出てきそうですが、いいお天気。早起きして観測にトライしましょう。

夏のペルセウス座流星群 神奈川・湘南 今晩は曇りがち

 8月12日(月)深夜から13日(火)未明にかけて、ペルセウス座流星群が極大期を迎えます。

 流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。

 彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

 ペルセウス座流星群は、太陽の回りを約130年の周期で公転するスイフト・タットル彗星の軌道を毎年8月に地球が横切る際、ペルセウス座の近傍を放射点とする流星群として観測されるものです。
 2013年は、月が8月12日夜半前には沈み、流星群のピークとなる13日の深夜から明け方には月の明かりがまったくなくなります。流星群観測にじゃまな月明かりがありませんから観測には最高の条件となります。
 次に月明かりがなくなるのは2021年まで無いそうなので、ぜひ今年の流星群を見逃さずに観察しましょう。

 流星群のピークは13日明け方3時頃で、1時間に50個程度の流星を肉眼で観察することができます。
 ペルセウス座流星群の放射点は北東ですので、その方向を見れば流れ星が見やすいように思いがちですが、流れ星の流れた跡をたどると放射点で交わるのであって、実際には全天に流れ星が見られます。

2


 今晩の湘南のお天気は曇りがちですが、流星群を見られるチャンスはあります。観測するには空が広く全方向を見渡せる見晴らしのいい場所で寝転がって観察するとよいでしょう。

NAB 2013で見せた放送用カメラ 日本の技術力

 世界最大の放送機器展覧会 NAB2013(National Association of Broadcasters)が4月6日よりアメリカ・ラスベガスで開催されていおり、4月8日から展示会が始まった(11日まで)。
 
 最近、苦境の日本電機メーカーではあるが、放送用カメラの分野でその高い技術力と共に存在感を示しているのが、SONY、Panasonic、Canonの3社である。

 中でも力を入れているのがSONY。
 2013年の展示会前日は、例年プレスカンファレンスを行っていたPanasonicが今年は開催なし。代わって登場したのがSONYである。

 ”Beyond Definition” (解像度を超えて)をテーマに、4kの入出力デバイスを様々な方面から追求しようという試みが、発表・展示製品から見ることができる。

SONY 4kカメラ
                      【SONY 4kカメラ?】
 展示されていた4kカメラのみならず、8月発売予定のHD422 MPEG 50Mbps対応のXDCAMショルダーカムコーダー「PMW-400」に見て取れるように、HDからITが変える映像制作ワークフローまで、新しい時代を模索する姿を示した。

 続いてCanon。
Canonは、EOS C100、C300、C500などのCINEMA EOS SYSTEMを披露。ショートムービーの上映の他、レンズや周辺機器ラインアップの紹介、映像制作ワークフローの提案を行っている。コンパクトデジカメの市場が縮小する中、高性能・高性能カメラに注力し、昨年は「放送用HDビデオカメラ向けの大型CMOSセンサーの改良」によりエミー賞を受賞している。

 最後にPanasonic。
会社業績悪化による影響か、展示の規模が縮小されているのは、否めないが、注目を集めたのがタブレットPC。携帯端末事業に特化する新会社「パナソニックモバイルコミュニケーションズ」を4月1日設立したばかりで、モバイル事業の選択と集中を行っており、4k分野にも礎を構えるようである。

神奈川湘南の暴風雨は6日夜間ピークに<春の爆弾低気圧は地球温暖化の影響>

 昨年4月の爆弾低気圧の再来となった今回の低気圧による暴風雨は、神奈川県内でも4月6日夜にピークを迎えるが、この爆弾低気圧発生の原因となっているのが、北極・シベリア地方から南下するジェット気流の蛇行である。

 そもそも北極の上空には極渦(きょくうず、きょくか)と呼ばれる気流の渦がある。この渦は、北極低気圧とも呼ばれていて、冬に勢力が強くなり、寒気が渦の内側に閉じ込められている。そしてその極渦の縁には、極夜ジェットと呼ばれる強い西風が吹いている。

 冬から春の間に極渦の勢力が弱まると、このジェット気流が南側に蛇行し寒気が南下、日本などの中緯度地方で、冬には寒冷低気圧を加速させて暴風雪を引き起こし、春先には温帯低気圧が爆弾低気圧となって春の嵐を引き起こす。

 この極渦の勢力が弱まる原因とされているのが、地球温暖化にあるらしいのだ。

 温暖化により北極海の氷の減少が観測されているが、夏に北極海の氷が解けて減少すると、秋にかけて北極の大気圧と湿度が上昇、北極と中緯度地方の気圧差・温度差が縮まることで、冬の極渦(北極低気圧)の勢力が弱まり、今回のような爆弾低気圧の引き金となっているとのこと。

 国立環境研究所・地球環境研究センター発表の4月5日から24時間後の極渦予測によると、下図のように極渦境界が樺太北側まで南下することが予測されている。
極渦
 このジェット気流による寒気の流入により低気圧の勢力が強まって、今回の爆弾低気圧につながったと見られている。

 これから、神奈川県を襲う暴風雨には充分注意されたい。

ふじあんnet通信 TOP » 科学・教育 アーカイブ - ふじあんnet通信