科学・教育

イベント・行事・風習

皆既月食 1月31日 神奈川県藤沢市の夜空

2018年1月31日の夜は、皆既月食を日本全国で見ることができます。 月は太陽の反対側にあるため満月の状態で、太陽と月の間に地球が入り、 地球の影に隠れて月に太陽の光の多くが遮られるため 「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色...
湘南なう

2017年ペルセウス流星群は週末8月12日夜に極大期

2017年も8月12日夜から13日未明の極大期に向けて、ペルセウス座流星群が見頃を迎えます。  流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温にな...
湘南なう

2016年ペルセウス流星群いよいよ今夜から見頃に 神奈川は晴れ予想

 8月12日夜の極大期にかけて、ペルセウス座流星群が見頃を迎えています。  流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見え...
湘南なう

2015年ふたご座流星群 15日午前3時極大に

 2015年のふたご座流星群は、次週12月15日(火)未明に最大の出現確率となります。  流星群が最も地球に近づく極大時刻は午前3時ごろで、ふたご座の高度も高く月明かりもないため、ここ数年では最高の条件です。(次回、同じような好条件が...
湘南なう

2015ペルセウス座流星群の観察キャンペーン

 夏休みの帰省先の夜空に流星群が見えるかも  今年のペルセウス座流星群の活動の極大は、日本時間の8月13日15時30分頃ですが、 8月14日が新月のため月明かりの影響がない暗い空で観察ができる好条件の年となっています。  12日...
湘南なう

2014年ペルセウス座流星群は台風明けの8月12日、13日

 8月12日深夜から13日(水)の極大期にかけて、ペルセウス座流星群が見頃を迎えます。  流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同...
科学・教育

2014年2月の大雪も地球温暖化による爆弾低気圧

 2014年2月8日から9日にかけて首都圏太平洋側に大雪をもたらした爆弾低気圧は、やはり地球温暖化と関係がありそうだ。  2014年は1月終わりから2月上旬にかけ、南方からの暖気の影響で東日本から中国東部にかけ3月から6月の陽気となってい...
湘南なう

アイソン彗星観測 11月20日までがチャンス

百年に一度の観測のチャンス到来で話題となっているアイソン彗星が、絶好の観測日を迎えています。 国立天文台によれば、 アイソン彗星は、近日点通過時(太陽に最接近するとき)の太陽の中心からの距離が約190万キロメートルまで近づくと計算され...
湘南なう

夏のペルセウス座流星群 神奈川・湘南 今晩は曇りがち

 8月12日(月)深夜から13日(火)未明にかけて、ペルセウス座流星群が極大期を迎えます。  流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になる...
イベント・行事・風習

NAB 2013で見せた放送用カメラ 日本の技術力

 世界最大の放送機器展覧会 NAB2013(National Association of Broadcasters)が4月6日よりアメリカ・ラスベガスで開催されていおり、4月8日から展示会が始まった(11日まで)。    最近、苦境の...