1月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

インフルエンザ首都圏で流行 神奈川でも警報

 1月31日に発表された2014年第4週(01月20日~01月26日)の全国定点観測施設からのインフルエンザ報告数は、122,618人(前週は58,233人)。定点あたりの報告数は24.81と前週の11.78、前々週の5.51から倍々で増えています。

 全国地域別の定点あたりの報告数は、沖縄県の54.12(前週36.74)を筆頭に、大分県39.62、宮崎県37.86、佐賀県34.79、埼玉県33.69、長崎県32.47、福岡県32.19、神奈川県31.52、滋賀県31.32、千葉県30.08が警報レベルの30を超え、東京都の29.68と加え、一週間の間に関東首都圏で一気に流行が広がった形です。

インフルエンザ 警報 神奈川

 神奈川県の第4週の患者報告数は10558人。定点当たり報告数は31.52と前週11.05からおよそ3倍増加し、一気に警報レベルの30を超えました。保健所別に見ると、厚木57、茅ケ崎48.91、相模原市39、横浜市32.06、大和30.18、鎌倉29.63、藤沢市28.07、川崎市27.28、平塚25.64、小田原24.9が高いレベルにあり、各地域とも患者報告数が約3倍に増加しています。

 2009年に「新型インフルエンザ」として流行し、昨年、一昨年は見られなかったH1N1型のウイルスが、今シーズン再流行しています。予防接種を受けていない方で2009年以降この型のインフルエンザに罹患したことがない方は、重症化する恐れがありますので、十分な注意が必要です。

 第4週の学級閉鎖は、県内で149クラス(前週23クラス)、学年閉鎖7校、学校閉鎖1校とこちらも急増しております。公立高校受験まで残り2週間、受験生を持つご家庭は十分な予防・注意を行って、万全の体調でお子さんを送り出しましょう。

 

インフルエンザ流行拡大 神奈川・湘南も受験生注意

 1月24日に発表された2014年第3週(1/13-1/19)の全国定点観測施設からのインフルエンザ報告数は、58,233人。定点あたりの報告数は11.78と前週の5.51から倍増しました。

 全国地域別の定点あたりの報告数は、沖縄県(36.74)、宮崎県(19.58)、岐阜県(19.13)、大分県(17.57)、福岡県(16.31)、熊本県(16.03)、佐賀県(15.00)、滋賀県(14.66)、大阪府(14.23)、愛知県(14.18)が高い値となっており、九州、近畿中部を中心にインフルエンザ流行が拡大しています。

 神奈川県の第3週の患者報告数は3656人。定点当たり報告数は11.05と前週5.10と倍増し、注意報レベルの10を超えた保健所管内は、厚木(19.47)、茅ヶ崎(15.18)、相模原市(13.91)、横浜市(11.96)、小田原(10.60)の5箇所です。
インフルエンザ 神奈川

 児童・生徒の間でも流行が拡大しており、第3週は県内の学級閉鎖が23クラス、2校で学年閉鎖となりました。これから、受験シーズン本番突入を迎え、受験生を持つご家庭は、十分な予防・注意が必要です。

 万が一インフルエンザにかかったら、早めに(発症から48時間以内)タフミルなどの抗インフルエンザウイルス薬の服用を開始すると、発熱期間が1~2日間短縮されるとのことです。逆に症状が出てから2日(48時間)以降に服用を開始した場合、十分な効果は期待できません。
 風邪を引いたかなと思ったら、早めにお医者さんの診察を受けましょう。

 

1月19日江の島・片瀬海岸東浜で祝成人寒中神輿錬成大会

 今年も1月19日の日曜日、午前11時から、新成人の門出を祝う寒中神輿錬成大会が片瀬海岸東浜で行われます。
 藤沢・鎌倉神輿連合会の主催で今年で33回目。新成人を祝うとともに、1年間の渡御の無事を祈願する催しで、毎年次の4基が参加しています。

1番:腰越小動会(こしごえ・こゆるぎかい)
2番:龍を載せる片瀬諏訪睦 (かたせ・すわむつみ)
3番:赤長提灯の藤沢伊勢睦会(ふじさわ・いせむつみかい)
4番:一番大きな四点棒の藤沢鳳龍会(ふじさわ・ほうりゅうかい)



 11:00から片瀬海岸東浜で神事をすませた後、新成人に担がれた神輿が浜から勢いよく海へ入り、海上渡御(かいじょうとぎょ)を行います。

 この寒中神輿の様子は、江の島ライブカメラによりUSTREAMでも生中継される予定です。

開催日時 :2014年1月19日 11:00~12:30頃(海上渡御/11:40頃) ※雨天中止
開催場所 :神奈川県藤沢市 片瀬海岸東浜
アクセス :小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」~徒歩2分
問い合わせ:藤沢市片瀬江の島観光案内所 0466-24-4141

 湘南地域では地域のお神輿の海上渡御が、濱降祭・海開きなどで行われますが、冬の寒中神輿海上渡御は大磯に続いてこの藤沢片瀬のみです。日曜日は寒さが厳しいようですが、晴れの見込み。新成人の元気をもらいに出かけてみませんか?

神奈川各地で14日どんど焼 大磯は12日に左義長

2014年の正月も終わり、古いお札や正月飾りを神社の境内で燃やす「どんど焼」(左義長神事)が、ここ湘南でも各地で1月14日(火)前後に行われます。

 中でも神奈川県大磯町の左義長は、国の指定重要無形民族文化財に指定されているセエノカミサン(道祖神)の火祭りで、今年は本日12日(日)大磯北浜海岸で行われます。

 12日朝から、集められたお飾りや縁起物を浜辺に運んで9つの大きな円錐型のセエトが作られ、今年は18時ごろから9つのセエトでその年の恵方(今年は西南西の甲)に火をつけます。この火で団子を焼いて食べると風邪を引かない、書初めを燃やして高く上げれば、書道の腕が上がると言われています。

 セエトの火が燃え盛る中、裸になった若い衆がソリ状の台に載せたセエノカミサンの仮宮を壊して海に引き入れ、浜方と陸(おか)方に分かれて綱を引き合う、ヤンナゴッコという行事が行われます。


 また、藤沢市内の主な神社でも14日に「どんど焼」が行われます。
 藤沢市藤沢の白旗神社では1月14日(火)、午後1時半から3色だんご(350本)が300円で販売され、午後2時からどんど焼が行われ、枝に刺した3色だんごを焼いて食べて一年間無病息災を祈願します。

1月7日 七草がゆ 湘南各地でイベント(鎌倉・茅ヶ崎・平塚)

 1月7日(火)は七草粥(がゆ)の日。人日の節句であり、江戸幕府が公的な行事・祝日として定めた5節句(伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日)の中の1日である。
 古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていた。

 江戸時代に公的な行事となった人日の節句には、将軍以下全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝った。
 1月6日の夜に、セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの「七草」を叩いて細かくし、7日の朝に粥を炊いてその一年の無病息災を願って朝食として食べるのが本来の習慣である。

 1月7日は湘南地域でも神社やお寺を中心に、各地で朝から七草がゆイベントの開催が予定されている。

 鎌倉市大船観音寺では、毎年恒例の七草がゆの振る舞いが行われ、午前11時ごろから修行僧が炊いた七草がゆが参拝者に無料で配られる。

 茅ヶ崎市里山公園では、谷の家のかまどを使い七草がゆが振る舞われる。10時30分受付開始で整理券が配られ、11時すぎから100食分が配布される。(参加費:100円 持ち物:おわん・お箸が必要)

 平塚市長楽寺では、「湘南ひらつか七福神 薬師七草粥まつり」が開催される。時間は11時より14時まで。初薬師祈祷会が催され、薬膳七草粥の接待(なくなり次第終了)が行われる。

湘南ひらつか七福神 七草粥

 今年一年、健康に過ごしましょう。

ふじあんnet通信 TOP » 1月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ