3月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

ゆるキャラパーティー湘南茅ヶ崎 ふなっしー・えぼし麻呂に会える

2014年春、3月29日(土)30日(日)の2日間、湘南茅ヶ崎中央公園でご当地ゆるキャラパーティーが開催されます。あの「ふなっしー」を生で見えるチャンスです。

ゆるキャラ 茅ヶ崎
第2回ゆる~いご当地キャラパーティー! in 湘南茅ヶ崎ステージスケジュールは以下の通り
「ふなっしー」は、3月30日12:00~のステージに登場(完全入れ替え制)


3月29日(土)
10:00 オープニング キャラクター集合

10:45 キャラクターPRタイム
(ムジナもん・ゆたぽんファイブ・フラおじさん・つゆヤキソバン・ざまりん)

11:30 キャラクターダンスタイム
(えぼし麻呂・ふっかちゃん・ぴーにゃっつ・あゆコロちゃん)

12:30 キャラクターPRタイム
(ざっくう・さのまる・ブタッコリ~・コロ坊)

13:00~13:30  Eyes’ステージ 

13:30 キャラクターダンスタイム
(えぼし麻呂・ちょうせい豆乳くん・つゆヤキソバン・たかたのゆめちゃん)

14:30 キャラクターPRタイム
(キングベル1世・ふっかちゃん・カッパのコタロウ・あゆコロちゃん)

15:00 キャラクターダンスタイム
(えび~にゃ・ブタッコリ~・さのまる・フラおじさん・ざまりん)

15:45 キャラクター全員集合・クロージング



3月30日(日)
10:00 オープニング キャラクター集合

10:30 キャラクターPRタイム
(うなりくん・えび~にゃ・湘南リビング新聞社による特別ステージ)

11:00~11:20 松下笑一ステージ

11:20~ キャラクターPRタイム
(しょもたん・たかたのゆめちゃん)

12:00~12:20 ふなっしー・にしこくん特別ステージ
※開始前に完全入れ替え制

12:30 キャラクターダンスタイム
(つゆヤキソバン・ぴーにゃっつ・おしなりくん・あゆコロちゃん)

13:00 キャラクターPRタイム
(ちょうせい豆乳くん・ハコネコ ボザッピイ・ヤマトン・やぶきじくん)

13:45 キャラクターダンスタイム
(ふっかちゃん・たかたのゆめちゃん・しょもたん・えび~にゃ)

14:30 キャラクターPRタイム
(クルリン・ぴーにゃっつ・おしなりくん)

15:00 キャラクターダンスタイム
(えぼし麻呂・うなりくん・ちょうせい豆乳くん)

15:45 閉会式・キャラクター集合!

アースデイ湘南2014 江の島フラ・パラダイス 4月26日(土)

4月22日は、地球環境について考える日:アースデイ(International Mother Earth Day)、日本各地でアースデイのイベントが開催されます。神奈川・湘南江の島でも2014年4月26日(土)アースデイ湘南のイベントとして今年も1000人フラ、100人ウクレレ「江の島フラ・パラダイス」が開催されます。

2014 江の島 フラ 

 2005年よりビーチクリーンなどのイベントを通して、湘南の海に感謝の心を捧げてきたアースデイ湘南は、2011年の東日本大震災を受けて、被災地へのボランティ活動を通じた福島県富岡町と交流のイベント「海の運動会」などを開催。
 今年も昨年に続き、江の島で100人のウクレレに合わせ1000人がフラを踊り、世界に平和のメッセージを送る「江の島フラ・パラダイス」を開催します。

 アースデイ湘南実行委員長の地元ミュージシャンHALF MOON・琢磨啓子さん作詞作曲「世界中の子供達」を通じて、世界の人にフラの愛と平和の心を届けるというイベントで、インターネットを通じて世界に平和のメッセージを配信します。

 江の島サムエルコッキング苑にて4月26(土)今年も12時30分よりスタート。

 詳しくは、アースデイ湘南実行委員会ホームページ(http://www.earthday-shonan.org)へ

ハワイアンフェスティバル2014 湘南藤沢・小田急百貨店

 日増しに春の暖かさを感じるようになってきた湘南でも、一足先にハワイアンの風を感じられるイベントがやって来ました。2013年9月に開催された藤沢・小田急百貨店で開催され好評だったハワイアンフェスティバルが2014年春に豪華ゲストを迎えて帰ってきました。

 湘南藤沢・小田急百貨店:7階催物場で開催の今回のイベント、なんといっても目玉はHAPA!!
ハワイアン 2014
 デビュー・アルバムが250万枚のセールスを記録し、1994年度Na Hoku Hanohano Awards(ナ・ホク・ハノハノ賞:ハワイのグラミー賞)を初代HAPAバリー・フラナガンとケリー・カネアリィが獲得。2002年にケリーに変わってネイサン・アウェアウを迎え、2005年リリースしたアルバム『MAUI』でも、2006年度に2度目のNa Hoku Hanohano Awardsを4部門で受賞。2010年のツアーを最後にネイサン・アウェアウが脱退。新たにロン・クアララウを迎え第3期HAPAとして活動中のハワイアンの重鎮です。

4月4日(金)14:00~スペシャルライブとサイン会(整理券配布は14:00~)
※サインはCDお買い上げの方のみ

4月4日(金)18:00~ミニライブ&ハワイアンディナー
4月1日10:00~先着60名様限りで電話予約受付
(TEL.0466-26-6111:ハワイアンフェスティバル担当まで)
※CD販売&サイン会もありとなっています。

その他、4月1日(火)~7日(月):(午前10時~午後7時)7階催物場で海外アーティストによるショーとハワイアンフードが楽しめます。

 最初に登場するのはタヒチアンのトゥクア&テクリリ。

 そして、メリモナーク上位入賞常連のアーヌエヌエとマヒナ。日本でなじみの薄い男性の本物のフラ、そして女性の伝統的なカヒコが堪能できます。

 続いて、オアフ島のナ・オピオ・オ・コオラウの姉妹校を日本各地で展開するマイケル・テラクルーズ。

豪華メンバーによるショーの詳細なスケジュールは、下記のとおり。

4月1日(火)13:00~(整理券配布12:00)「トゥクア&テクリリ」(タヒチアン)

4月5日(土)14:00~(整理券配布13:00)「アーヌエヌエ&マヒナ」(フラ)

4月6日(日)14:00~(整理券配布13:00)「マイケル・テラクルーズ」(フラ)


その他、湘南を中心に活動するハラウのフラも合わせて楽しめます。生で本物の踊りを見れるチャンスです。機会があれば是非どうぞ。





江の島春まつり 2014

来る3月15日の土曜日、第31回・2014年の江の島春まつりがスタートします。

 片瀬地区・江の島での春のイベントとして、毎年恒例の「江の島春まつり」。3月16日に江島神社から北緑地広場までの参道を進む「貝まつり稚児行列」を中心として、3月15日(土)16日(日)の二日間、北緑地広場などでお笑い芸人のショーや地元太鼓集団による太鼓ライブ等、各種イベントが開催されます。
江の島春まつり
 3月15日(土)は、太鼓奏者ヒダノ修一氏や地元太鼓集団「ふじ」のライブが、江の島北緑地広場で行われます。
11:50~12:20 和太鼓 昇龍
12:30~13:10 プチ太鼓マスターズ[高田淳、田中まさよし、シンゴ、ヒダノ修一]
13:15~14:00 ヤマハスーパー太鼓塾生アンサンブル
14:10~14:50 ヒダノ修一スーパーセッション
            [ヒダノ修一(太鼓:歌)・長谷川友二(ギター&歌)・石田裕人(サックス)]
15:00~15:30 太鼓集団「ふじ」

また、子どもたちに大人気のミニSL(無料)も
10:00~15:30 ※休憩1時間あり

 3月16日の日曜日には、江島神社から北緑地広場まで、貝まつり稚児行列が行われます。
 稚児行列には、抽選で当選した藤沢市内の小さなお子さん数十名が参加。きらびやかな衣装と、おしろいで化粧をした顔のかわいらしい行列が見られます。午前10時30分からのスタートで、江島神社から参道を下った後、北緑地広場の海辺で稚貝の放流が行われる予定です。

そしてサムエル・コッキング苑ではテレビで人気のお笑い芸人が登場する【太田プロプロデュース 爆笑ライブin江の島】が行われます。

【場所】
江の島シーキャンドルイベントステージ(江の島サムエル・コッキング苑内)
※入場料:中学生以上200円。当日、小学生以下は入場無料。
【出演者】
神奈月(ものまね)・新宿カウボーイ(漫才)・トップリード(コント)
【時間】
1回目:13:00~ 2回目:16:00~

その他、江の島漁港、小田急江の島駅前、片瀬龍口寺でもイベント開催。江の島では、河津桜も見頃を迎えます。是非お出かけになってみては。

ホオラウレアジャパン 3月7日(金)スタート

 2014年3月7日(金)~9日(日)の3日間、第13回ホオラウレアジャパン2014が、東京都お台場有明の「ディファ有明」にて開催されます。

ホオラウレアジャパン 2014

 ホオラウレアジャパンは、フラダンサー自らが運営するコンペティション。今年は、28ハラウがエントリーを行い、3日間に渡ってコンペが開催されます。
 グループはKupuna(Auana)、Wahine(Auana or Kahiko)、Kaikamahine(Auana or Kahiko)、Keiki Kane(Auana or Kahiko)、Kane(Auana or Kahiko)の5部門、ソロはカネを除く3部門となっています。

審査員としてハワイから大御所を招いて審査を行っており、2014年に来日する審査員は次の4名。

Moon Kauakahi(ムーン・カウアカヒ)●HawaiianMusician(Singer/Composer)/Oahu.
マカハ・サンズのリーダーと知られ、コンポーザーとしても数々の名曲を生み出しているハワイアンミュージックの重鎮。

Kunewa Mook(クネヴァ・ムック)●KumuHula/Oahu.
ハワイの強豪ハラウ、Hula Halau O KamuelaのKumu Hula。メリー・モナーク・フェスティバルにおいて、ミス・アロハ・フラで数多くの優勝、さらにグループでも、大会総合優勝を飾っている名門を率いている。

Hauoli Akaka(ハウオリ・アカカ)●KumuHula/Oahu.
伝統ある『アカカファミリー』の一員。ハワイ語、ハワイの歴史や文化などに造詣が深く、カメハメハ・ハイスクールなどで教鞭をとり、ハワイの若者たちに教えている。また数多くのフラコンペティションでのウイットのある司会者として活躍している。

Cy M.Bridges(サイ・M・ブリッジズ)●KumuHula/ Oahu.
メリー・モナーク・フェスティバルの審査員として知られ、ポリネシア文化センター初代クムフラ サリー・ウッドをはじめ、数多くのフラマスターからフラとチャントを学んだハワイ文化と歴史に深い見識を持つ現代のフラ マスター。

出場ハラウは、以下のとおり。
湘南からは、Halau Hula O Na Kamalii O Ka La(ナー・カマリイ・オ・カ・ラー)を鎌倉などで主宰する中富みさ先生、Hula Halau Ka Poli Olu O Makana(フラ ハラウ カポリ オル オ マカナ)を茅ヶ崎で主宰している神崎 芽先生のハラウがエントリーしている。

1.Hula Halau Kahula O Hawaii(窪川京子先生)
2.Halau Hula O Na Kamalii O Ka La(中富みさ先生)
3.Hauoli’s Masako Aketa Hula Studio(緋田雅子先生)
4.Halau Hula O Kahealani(大菅紀代子先生)
5.Hula Halau Ka Poli Olu O Makana(神崎芽先生)
6.Hula Halau Ke Olu Makani O Maunaloa(林佐知子/高橋美幸先生)
7.Hula Halau O Yoshie(志賀よし江先生)
8.Halau Hula O Ka Moku Opio O Ka Lani(渡辺コースケ先生)
9.Ka Mahealani Hula Studio
10.Na Mea Hula O Kapuaikawekiuokalani(藤澤 惠子先生)
11.Ka Pa Hula O Na Pua Onaona(神藤篤子先生)
12.Halau Hula O Napunaheleonapua(リッチ・ペドリナ先生)
13.Hawaiian Culture Club
14.Hula Ohana Laulea(藤岡 郁子先生)
15.Ka Hula O Kealamailani(テハニゴンザード先生)
16.Halau Na Kane O IKAIKA(イカイカ先生)
17.Halau Kalaakeaokeaolani(原 裕美子先生)
18.Halau O Kealani(南 由希子先生)
19.Hula Halau O Makanani(蜂須賀栄美先生)
20.Halau Napua Hula Lea(聡江 ka hulu i ka makani 秋山先生)
21.Ka Pa Hula O Anela Lani(宮澤美穂子先生)
22.Kapua Heilani Dance Studio(河田友絵先生)
23.Halau O Kealaroselani(宮川恵子先生)
24.Hula Halau O Kahelena(山影さとみ先生)
25.Halau Na Pua Mai Ka Lani Iapana(金近里枝先生)
26.Halau Keolakulanakila(田中新先生)
27.Na Hula Pili Aloha(海老原よう子先生)
28.Halau Kalaakea O Kauanoe(原裕美子先生)




花粉シーズン本番突入 神奈川

 3月に入りインフルエンザも収まりつつある中、今度は花粉症に悩まされる人のマスク姿が目立ち始めました。

 2月は大雪の影響などで、スギ花粉の飛散が抑えられてましたが、2月末から春並みに気温が急上昇したため花粉飛散も増加しております。
 神奈川丹沢から湘南藤沢方面へ飛散するスギ花粉の量も増え、ネットでも花粉飛散予報が天気予報と合わせて掲載されるようになりました。。

 神奈川県内では、4箇所でスギ花粉飛散量をモニターしており、3月3日の県自然環境保全センター(厚木市七沢)でのスギ花粉飛散量は19時に1258個/m3と今シーズン最大飛散量を観測しました。
2014年3月 花粉飛散量

          【環境省花粉観測システム・3月3日19時 関東地方花粉飛散数マップ】

 県自然環境保全センターでは、今シーズンの花粉飛散量予測のため、昨年県内のスギ林30箇所で花粉飛散の元となる雄花の着花量を調査しています。

 調査によりますと、着花点数の県内平均値は24点となっており、飛散量の少なかった平成23年の20.7点は上回るものの、昨年の66点を大きく下回りました。さらに、本調査開始後16年間の平均値44.4点よりも大きく下回っており、調査期間を通じて7番目に低い点数となっています。
 以上の結果より今年の春の花粉飛散量は、多かった昨年と比べると減少し、例年よりも少なくなると予想されています。

 今週は、寒の戻りもあって花粉飛散量は少なめとの予想ですが、昨日のように急激に花粉飛散量が増加する可能性もあります。花粉症の方は、今後の花粉飛散量増加に備えて、できる限りの自己防衛をお勧めします。

ふじあんnet通信 TOP » 3月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ