4月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

4月22日アースデイ⇒4月26日(土)アースデイ湘南 江の島フラ・パラダイス 

 明日4月22日は、地球環境について考える日:アースデイ(International Mother Earth Day)、2011年の東日本大震災より福島原発の影響が残る中、日本各地でアースデイのイベントが開催されます。

 神奈川・湘南江の島では、被災地福島県富岡町の方々と交流を続けているアースデイ湘南が、アースデイのイベントとして、2014年4月26日(土)今年も1000人フラ、100人ウクレレ「江の島フラ・パラダイス」を開催します。
江の島 フラ・パラダイス
 アースデイ湘南実行委員長の地元ミュージシャンHALF MOON・琢磨啓子さん作詞作曲「世界中の子供達」を通じて、世界の人にフラの愛と平和の心を届けるというイベントです。
 また、この交流がきっかけで出来た富岡町の「フラチーム・ワロハ」も一緒になって、癒しを拡げる側として世界に平和のメッセージを配信します。

 4月26(土)12時30分~16時30分 江の島サムエルコッキング苑シーキャンドルイベントステージで行われます。(参加費無料ですが、サムエルコッキング苑入場料:大人200円、小人100円がかかります)

 当日のスケジュールは下記のとおりです。

11:00 受付開始(事前申し込みは必要ありません)
12:30 オープニングセレモニー
13:00 江の島フラ・パラダイス
      世界中の子供達 1000人フラ、100人ウクレレ
14:00 フラ・ステージ
      参加ハラウによるフラ、富岡町の「フラチーム・ワロハ」も出演
15:40 ライブ・ステージ
      HALF MOON(琢磨仁さん・啓子さん)を中心とした江の島パラダイスバンドによるライブ
16:15 クロージングセレモニー
16:30 終了


 詳しくは、アースデイ湘南実行委員会ホームページ(http://www.earthday-shonan.org)へ

春の鎌倉祭り 締めの4月20日は流鏑馬で

2014年4月13日(日)から鎌倉市・鶴岡八幡宮を中心に開催されている「鎌倉まつり」も4月20日(日)の流鏑馬で終わりを迎えます。

流鏑馬 鎌倉

4月20日当日、鶴岡八幡宮での流鏑馬演武は大日本弓馬会武田流により披露されます。

鶴岡八幡宮の流鏑馬は、平安時代、59代宇多天皇がを制定し、源氏が代々相伝してきた「弓馬の礼法」は源義家の弟、新羅三郎義光の子孫である武田家に伝えられ、「武田流弓馬礼法」として受け継がれてきました。

4月20日(日)13:00から始まる当日のスケジュールは次のとおりです。

1.出 陣(13:00頃)

 「寄せの太鼓」を合図に射手、諸役が社務所前に整列し、修跋所へ行進。

2.修 跋(しゅばつ)

3.鏑矢奉献 願文奉上の儀(かぶらやほうけん がんもんそうじょうのぎ)
 流鏑馬神事を行うにあたり、奉行が神前に鏑矢を奉献し、願文を奉上。
 天下泰平、五穀豊穣を祈る。

4.天長地久の式(てんちょうちきゅうのしき)

 奉行は乗馬し、鏑矢を天と地に対して、
 満月に弓を引き、天壌無窮と五穀豊穣を祈念する。
 その後、射手・諸役は「序の太鼓」に合わせて行進。
 馬場末から馬場本へ向かう。
                

5.挨 拶
 
                 
6.騎 射(14:00頃)
 奉行の「破の太鼓」を合図に、扇方は馬場の状況を確認。
 射手は順番に素馳(すばせ)を開始する。

(1)素馳(すばせ) <的を射ずに馬場慣らし>

(2)一番手 式の的 (5~6騎)  
                
(3)一番手 板的  (5~6騎)
               
(4)二番手 式の的 (5~6騎)

(5)二番手 板的  (5~6騎)

(6)競射 土器三寸の的  
 ※一番手・二番手の射手の中で、
  的中率の高いものが競射を行う資格を得る。

7.凱陣之式(がいじんのしき)
 最多的中者が、奉行の検分を受ける。

8.終 了(15:00頃)

今年も昨年同様リストバンドを販売、購入者には席にてご覧いただくことができます。
(※先着400名様限定。リストバンドの収益金は被災地支援として寄付されます。)

鎌倉を訪れようと考えている方には必見の伝統行事ですので、検討されてはいかがでしょうか?




2014年春 桜満開 湘南は今週末が見ごろ

 2014年春の入学式を目前に控え、湘南地域の桜も満開のピークを迎えつつあります。
気になる週末のお天気は上々の予報、日が差せば絶好のお花見日和となるでしょう。

 湘南地域では、寒川神社・鎌倉八幡宮の桜が有名ですが、ここ藤沢でも桜の名所が数多くあります。

 【NORTH SIDE】藤沢駅の北側に位置するのが、大庭城址公園、引地川親水公園。

 大庭城は、太田道灌が築造し、その後小田原北条氏が改修したと伝えられており、大庭城址公園でのお花見に多くの家族連れが訪れます。駐車場は38台と小さく、近隣に大きな有料駐車場もないため、大庭図書館や引地川親水公園の駐車場を利用して徒歩でベビーカーを押しながら訪れる家族連れでにぎわいます。

 バスは、JR藤沢駅北口発「大辻経由湘南台駅西口」行き、JR辻堂駅北口発「羽鳥山経由綾瀬車庫」行き、小田急湘南台駅西口発「大辻経由藤沢駅北口」行→すべて「城下(しろした)」下車 徒歩5分となります。

 県道43号線を挟んだ東側の引地川親水公園にも桜並木が作られ、こちらは駐車台数126台のスペースがあります。

 【SOUTH SIDE】藤沢駅の南側に位置する桜の名所は、遊行寺、奥田公園/境川緑地、長久保公園。

 奥田公園では、3月30日に雨天延期となった「第2回桜祭りキャンドルナイト!」が4月6日(日)に開催されます。満開の夜桜と共にキャンドルナイト!のイベントをお楽しみください。


桜まつり キャンドルナイト

ふじあんnet通信 TOP » 4月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ