11月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

インフルエンザ流行開始 2014年11月神奈川

 神奈川県衛生研究所の11月28日発表によると、2014年第47週(11/17~11/23)のインフルエンザ患者報告数がは614人、定点当たり報告数が1.96となり、今シーズン初めて流行開始の目安となる1.00を超えました。

 最近のインフルエンザ流行始まりの早かった2010年、2012年に比べても3~4週間早いペースとなっています。

インフルエンザ2014

 定点当たり報告数を全国的に見ると、岩手県が6.2、福島県が2.76、神奈川県が1.96、東京都が1.92と東北や関東で感染が拡大しています。

 センター試験プレテストも始まり、いよいよ受験シーズンを迎える中、地域の医療機関ではインフルエンザワクチンの予防接種が行われておりますので、予防接種は早めに受けたほうが良いようです。というのも、厚生労働省によるとワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要するとのことだからです。

 また、2014年秋以降に検出されたウイルスのタイプは、A香港型が全体の9割近くを占め、高齢者で重症化しやすいとされています。
ワクチン接種はインフルエンザの感染そのものは防げませんが、かかったときの重症化防止には有効とのことです。
 個人差はありますが、子供だけではなくお年寄りも積極的に接種されるのが良いようです。

 普段の生活では基本的な「うがい・手洗い」の励行が予防対策には欠かせません。体力の弱い子供、お年寄りのいる家庭は十分注意しましょう。

2014年11月ノロウイルス食中毒警戒 神奈川

2014年11月17日「ノロウイルス食中毒警戒情報」が神奈川県より発令されました。

 毎年、秋から冬にかけて増加する「感染性胃腸炎」の患者数が、3週間連続して増加。
 これに対して神奈川県は、消費者や食品取扱い営業者に対して食中毒予防の注意喚起を行うため、「ノロウイルス食中毒警戒情報」を発令しました。

 ノロウイルスによる食中毒の発生は、「感染性胃腸炎」の多発時期と深い関連性があり、「感染性胃腸炎」の患者が急増すると、その数週間後にノロウイルス食中毒の発生が増加する傾向が認められています。

【ノロウイルス食中毒警戒情報の発令期間】

平成26年11月17日(月曜日)から平成27年3月31日(火曜日)まで
ノロウィルス
【ノロウイルス食中毒警戒情報の発令に伴う県の対応】

 ノロウイルスによる食中毒の発生を防止するため、飲食店(仕出し屋、弁当屋、旅館、すし屋、一般食堂)、集団給食施設、総菜製造業、魚介類販売業、魚介類加工業等の営業者に対し、次の事項について監視指導等を強化します。

(1) 従事者の手洗い及び健康管理の徹底
(2) 原材料及び調理済食品の二次的な汚染の防止
(3) 調理工程における衛生管理の徹底
(4) 集団給食施設、仕出し屋等における「検食(検査用サンプル)」の保存の徹底
(5) カキなどの二枚貝の提供にあたっては、生食を控え、十分な加熱調理の徹底
(6) 食品の衛生的な取扱い等の基準(管理運営基準)の遵守の徹底 
(7) 食品営業者の自主的な衛生管理活動として実施している食品衛生指導員による自主的な巡回指導の強化の要請

【ご家庭での注意】

例年、12月中に感染性胃腸炎の患者数がピークとなることから、子どもや高齢者のご家族をお持ちの方は、十分な注意が必要です。
特徴的な症状と対応は、次の通りとなります。

■ノロウイルスは感染すると数時間から数日で嘔吐(おうと)や下痢を繰り返します。通常は、数日で落ち着きますが、嘔吐(おうと)や下痢を繰り返しにより脱水症状を起こしやすく、特に子供や高齢者の患者は、水分補給を十分行うことが重要です。
 
■食事・調理の前の手洗いと、まな板や調理器具の殺菌が重要です。また、ウイルスを含む貝類を警戒した十分な加熱調理(85℃1分以上)が予防のポイントとなります。

11月24日 ワイプナ LIVE in 横浜ワールドポーターズ ハワイアンタウン ステージ

11月24日(月・祝)2012年、2014年のナホク・ハノハノ・アワードを多数受賞したワイプナのLIVEが横浜で行われる。

ワイプナのメンバーは、ハワイ島のファルセット・コンペティションで優勝経験もあるマット・スプロー、「Alea」でナホク・ハノハノ・アワード受賞も経験したカレ・ハナーズ、2012年に加わったデニス・カマカヒを父に持つデイビッド・カマカヒの3人。

2007年から2012年までデュオとして活動し、2012年よりトリオで活動している。

2012年のナホク・ハノハノ・アワードではシングル賞、アイランド・ミュージック・アルバム賞、グループ賞で3冠を達成。2014年のナホク・ハノハノ・アワードでもEP (Extended Play) Release of the Year(最優秀EP賞)を受賞している。

今回、ワイプナ(Wiapuna)ニューアルバム『E Mau Ke Aloha』を11月11日に発売し、日本各地でCDリリースツアーを行うため来日中であり、LIVEを横浜ワールドポーターズで開催することとなった。
waipuna

【時間】14:00~、16:00~ 観覧無料
【場所】横浜ワールドポーターズビブレ 1階 Hawaiian Town スタジオカプア
【住所】 〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港二丁目2番1号 (TEL 045-222-2121)
【アクセス】みなとみらい線/みなとみらい駅、馬車道駅から徒歩約5分

2014年 しし座流星群 11月17日夜から18日未明

2014年のしし座流星群が11月17日(月)夜から18日(火)未明にかけて見頃を迎えます。

気になる神奈川県のお天気は、夕方から曇りがちになるものの、夜9時ごろからは晴れる予想となっています。

「しし座流星群」のピークは18日の午前7時頃で、17日夜23時頃から18日午前5 時頃が観測に最も適した時間となります。

今年は月明かりのじゃまがほとんどない好条件。午前2時の月の出の後は、月の方向を避けて観測すると良いでしょう。

しし座

しし座は明け方に東~南東の空に上ります。流れ星は空のどの方向にも飛ぶので、しし座のある方向だけでなく空を広く見渡すようにしましょう。

しし座流星群の母天体であるテンペル・タットル彗星は33年周期で太陽の近くに回帰しています。前回大出現を見せた1999年の回帰の前後は、1時間に1000個を超える出現が観られましたが、彗星が太陽から遠くにある最近は1時間に数個程度しか期待できないようです。

ウェザーニュースでは、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で17日23時より25時まで流星中継番組をが放送されます。
番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」やテレビ(BS 910ch)、PC特設ページ「おうし座&しし座流星群2014」、YouTube、ニコニコ生放送から無料で視聴できるようです。

夜はとても冷えます。防寒対策はくれぐれも厳重に。部屋の中でネットで観るだけでも良いかも。

11月9日(日)アーロン・J・サラ ライブ in横浜

Aaron・J・SalaのLIVEが11月9日(日)横浜「ROCK A HULA」にて開催されます。

ライアテア・ヘルム、ウェルドン・ケカウオハ、ナー・パラパライのバックでピアノを演奏していることでも有名なアーロン・J・サラですが、デビューアルバムである「Ka`upu Aloha-Alone With My Thoughts」にて2006年のナホクハノハノアワードにて6つの賞にノミネートされ、「モスト・プロマイジング・アーティスト」(新人賞)を獲得した実力の持ち主です。

横浜「ROCK A HULA」の場所は、
横浜市西区南幸2-17-8 横浜トラストビル4F(JR横浜駅西口より徒歩5分)
 
OPEN 17:00 START 19:00 CHARGE 3800円 (15:00~17:00の間一時閉店)
予約は電話(TEL 045-279-6969)にて

IMG_0294

1.Hale a Laka
2.Mele kakepakepa aloha
3.Lei ano `o Manoa i ka nani o na pua
4.E ho`i ke aloha i Ra`iatea
5.Nani Kaluako`i
6.Ehuehu mai nei `o Manoa
7.My Romance
8.He `Ono
9.`A`oia!
10.Hanohano Manoa
11.No vai teire reo
12.Ka `upu aloha


3曲目の「Lei ano `o Manoa i ka nani o na pua 」は、クムフラ、フランク・ヒューエットの作詞・作曲。虹の女神カハラオプナの話を通してマノアの美しさを歌っている。

第1回イオラニ・ルアヒネ・フラ・フェスティバル 11月5日・6日 in 横浜

2014年11月5日(水)・6日(木)2日間、横浜港大さん橋国際客船ターミナル・大さん橋ホールにて「第1回イオラニ・ルアヒネ・フラ・フェスティバル」が開催されます。

イオラニ・ルアヒネ・フラ・フェスティバル(‘Iolani Luahine Hula Festival) は、古典フラを現在のフラとして復活・伝承したフラマスターとして知られるイオラニ・ルアヒネ(‘Iolani Luahine:1915-1978)のフラとしての踊りの保全とハワイ文化継承を目的として2003年に設立されたHulaの大会です。

Merry Monarch Festival の創設者である George Na’opeらによって設立されたこの大会は、世界中のハラウのための機会を提供し、そしてその継承者であるKawaikapuokalani Hewett に引き継がれて、さらに日本でも開催されることとなりました。
IOLANI LUAHINE

開催日:2014年11月5日(水)・6日(木)
場所:横浜港大さん橋国際客船ターミナル 大さん橋ホール(神奈川・横浜)
時間:5日14:00~16:00(ワークショップ)、17:00~19:00(コンペティション)    
   6日12:00~14:00(ワークショップ)、14:00~16:00(コンペティション)、16:00~18:00(エキシビジョン)、
18:00~19:00(表彰式)
Judge: カワイカプオカラニ・フランク・ヒューエット、
    カプア・デリレイ・モエ、
    メイリア・ローベンスタイン・カーター

ふじあんnet通信 TOP » 11月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ