12月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

湘南(藤沢・鎌倉)で除夜の鐘をつこう

 2015年まで残りわずか。新年を迎える湘南の2014年最後の夜は、お天気は良さそうです。

 除夜の鐘と云えば、毎年NHK「ゆく年くる年」で全国の寺院の鐘つきが生中継されていますが、
地元の大きなお寺でも除夜の鐘をつけるところがあります。


【京都市東山・知恩院の除夜の鐘の試しづき】

 藤沢市では西富の遊行寺、片瀬の龍口寺で、鎌倉では多くのお寺で、除夜の鐘をつくことができます。
 遊行寺では12月1日より108人に整理券が配られ、すでに鐘つきの応募は締め切られていますが、他のお寺は12月31日当日の23時頃から整理券が配られ、108人限定で鐘つきを行うところが多いようです。(並んだ列の最後まで鐘をつけるお寺もあるようです。)

 これから藤沢・鎌倉で除夜の鐘がつける寺院は以下のとおりです。詳しくは各寺院HPを確認するか、直接お問い合わせください。

【藤沢市】
・龍口寺(藤沢市片瀬3-13-37 TEL.0466・25・7357)

・天嶽院(藤沢市渡内1-1-1 TEL.0466・22・0151)

・普門寺(藤沢市本鵠沼5-5-12 TEL.0466・22・9679)

・永勝寺(藤沢市本町4-4-15 TEL.0466・22・5395)

【鎌倉市】
・浄智寺(鎌倉市山ノ内1402 TEL.0467・22・3943)

・光明寺(鎌倉市材木座6-17-19 TEL.0467・22・0603)

・建長寺(鎌倉市山ノ内8 TEL.0467・22・0981)

・本覚寺(鎌倉市小町1-12-12 TEL.0467・22・0490)

・満福寺(鎌倉市腰越2-4-8 TEL.0467・31・3612)

・長谷寺(鎌倉市長谷3-11-2 TEL.0467・22・6300)

・大船観音寺(鎌倉市岡本1-5-3 TEL.0467・43・1561)

・青蓮寺(鎌倉市手広769 TEL.0467・31・1352)

・東慶寺(鎌倉市山ノ内1367 TEL.0467・22・1663)

2014年第50週インフルエンザ注意報 神奈川

 神奈川県衛生研究所が12月18日発表した2014年第50週(12月8日~12月14日)の県内指定医療機関336ヶ所からのインフルエンザ報告数は4208件。

 定点医療機関当たりのインフルエンザの報告数は12.52と前週(定点当たり報告数6.85)からほぼ倍増、注意報発令の目安となる10.00をついに超えました。引き続きインフルエンザ流行始まりの早かった2010年、2012年に比べて4週間ほど早いペースとなっています。

インフルエンザ2014 50

 定点あたりの報告数が「10.00」を超えた「注意報」レベルの地域は、神奈川14地域中、秦野管内、相模原市、川崎市、横浜市、厚木管内、小田原管内、茅ケ崎管内の7地域に拡がっています。中でも秦野管内の定点当たり報告数は26.6と「警報」レベルの「30.00」に迫る勢いを見せています。

各地域の定点当たり報告数は下記のとおりです。

秦野 26.6 (11.8)
相模原市 14.39 (9.48)
川崎市 13.37 (7.85)
横浜市 13.28 (8.04)
厚木 12.41 (4.59)
小田原 11.7 (5.7)
茅ケ崎 10 (3.11)
平塚 9.55 (5.36)
横須賀市 9.36 (4.21)
大和 8.73 (2.36)
藤沢市 8.29 (3.5)
鎌倉 7.7 (1.6)
足柄上 4 (3.8)
三崎 2.33 (1.33)


()内は前週の報告数。

 同期間(第50週:12月8日~12月14日)の東京都全地域の定点あたりの報告数は 10.15となり、東京都も同時に「注意報」レベルを超えました。

 年齢別に見ると14歳以下が78%を占め、小中学校の学級閉鎖が増加しておりましたが、これから冬休みを迎え、流行の鈍化が予想されます。但し、大人を含め週末のクリスマス商戦とその後の年末商戦で人混みに接する機会も多くなります。
 これからの年末、人混みから帰ったらうがいと手洗いを心がけて、予防接種を受けていない小さなお子さん、お年寄りのいる家庭は特に注意しましょう。

ふたご座流星群 14日神奈川の空

ふたご座流星群が本日12月14日(日)に最大の出現確率なります。

気になる神奈川県のお天気は、星空指数90と絶好のコンディション。極大時刻は21時ごろ。東の空から上ったふたご座が頂点に近づく深夜0時頃には、天から四方八方に流れる流星群を見ることができるかも知れません。

月の出が23:40頃ですので、月明かりの邪魔のない時間の観測がお勧めです。

ふたご座流星群

 流星を観察する際は平らなところにマットを敷いて寝転がって見るのが楽です。この時期,外はかなり寒いです。防寒対策は厳重に、温かい飲み物を準備して行くことをお勧めします。

【参考】ふたご座流星群とは

 毎年この季節は、三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」の出現が活発になる時期です。毎年決まった時期に星空の同じ位置を中心にしてにたくさんの流星が流れますが、この流星群は三大流星群と呼ばれています。12月のふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とともに三大流星群のひとつに数えられています。

 流星群は、天球上のある1点から四方八方に放射状に流れるように見えます。この1点を放射点と呼びます。流星群の名前は放射点のある(または放射点の近くの)星座名で呼ばれます。ふたご座流星群はふたご座のα星カストルの近くに放射点があるので、この名前で呼ばれています。

ホーハノハノヌイ 2014 in 藤沢

12月13日(土)「ホーハノハノヌイ 2014」が藤沢市民館 大ホール(神奈川県藤沢市)で開催されます。

2009年にアロハスフェスタ茅ヶ崎のステージ部門として、
「He Ho’ohanohano Nui Stage」と「Kamaaina Polynesia Stage」の2部門にて
複数日の開催で始まったイベント。

第6回目となる2014年は、2012年と同様に「He Ho’ohanohano Nui Stage」のみ藤沢市民館での1日開催となります。

He Ho’ohanohano Nuiとは、偉大なる敬意と言う意味で、国内外のフラ・タヒチアンのコンペティションに出場し、
優勝・入賞したハラウを招き、輝かしい功績を称えて紹介するステージです。

ホーハノハノヌイ

日時:2014年12月13日(土) 開場14:30 開演15:00
場所:藤沢市民館 大ホール(神奈川・藤沢)
料金:1階席SOLD OUT、2階席当日券2,300円(全席指定:13日12時より藤沢市民会館大ホール正面入り口受付にて販売)
問合せ:ホーハノハノヌイ実行委員会事務局 0467-84-0377

出演ハラウ(順不同)
フラ
・Halau O Na Pua ‘Ala Onaona
・カフラオハワイ
・Kapua Heilani Dance Studio
・Ke Ānuenue Hula Studio
・Na Kane O IKAIKA
・フラ ハラウ オ レイラニ
・Halau Kawaiola I Ka Hikina
・カロケメレメレフラスタジオ
・フラハラウカポリオルオマカナ
・イリママヒプアレミフラスタジオ

タヒチアン
・Ku′u Nalani Hula Sutdio・Tapute′a
・ノテヘレイテオリタヒチ
・VARUA-Te hui purotu
・TOKARIGA
・ヨシヨシタヒチダンススタジオ

ウェルドン・ケカウオハ 来日LIVE 2014

2013年「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」にて
Favorite Entertainer of the Yearと
Male Vocalist of the Year(最優秀男性ボーカリスト賞)を獲得した
Weldon Kekauoha (ウェルドン ケカウオハ)が来日中。

12月6日(土)ALOHA LAND in ヨコハマ(横浜港大さん橋ホール)のゲスト・スペシャルライブの後、
本日12月7日(日)も、東京・高円寺と神奈川・たまプラーザでJack Ofoiaと一緒にLIVEを行います。

【1】12月7日(日)時間:12時~(開場:11時~)
場所:高円寺イタリアン&パエリア ポポラーレ
(東京都杉並区 高円寺北2丁目7−7 JR高円寺駅北口徒歩1分)
料金:7,000円(軽食、ソフトドリンク、デザート付)

【2】12月7日(日)時間:18時~
場所:アロハ・ダイニング ヒロ・グリル&バー
(横浜市青葉区美しが丘1-7 東急百貨店5F 東急田園都市線 たまプラーザ駅 徒歩1分)
料金:7,000円(1フード、1ドリンク付)
カレフアウラ

代表曲「カ・レフア・ウラ」は2013年「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」で
Song of the Yearに輝いたフラダンサーの間でも人気の曲です。

「カ・レフア・ウラ」は赤いレフアの花のことで、
ハワイ島キラウエア火山の森プナエヴァでは、赤いレフアの花が咲き乱れ、
その美しさに惹かれたイイビ鳥が、レフアの花の蜜を吸いにやってくるという内容です。

愛する妻の美しさをレフアの花にたとえて歌っています。

2014年第48週インフルエンザ感染者数 倍増

 神奈川県衛生研究所が12月4日発表した2014年第48週(11月24日~11月30日)県内指定医療機関331ヶ所からのインフルエンザ報告数は1337件。定点医療機関当たりのインフルエンザの報告数は4.04と前週(定点当たり報告数1.96)より倍増、次週注意報発令の目安となる10.00に迫ることが予想されます。

インフルエンザ2014

 定点あたりの報告数が「1.00」を超えた「流行」レベルの地域は、神奈川14地域中、三崎管内を除く13地域に拡がっています。
詳細は下記のとおりです。

秦野 7.3(3.1)
小田原 6.6(1.2)
相模原市 5.09(1.91)
川崎市 4.76(2.78)
横浜市 4.33(2.16)
全県 4.04(1.96)
平塚 3.73(3.36
藤沢市 3.36(1.0)
横須賀市 2.86(1.14)
厚木 2.35(0.59)
茅ケ崎 1.7(1.0)
足柄上 1.6(0.4)
大和 1.55(1.09)
鎌倉 1.2(1.1)
三崎 0(0)

()内は前週の報告数。

同時期の東京都墨田区の定点あたりの報告数は11となっており、東京都に近い都市部から感染が拡がっている様子が伺えます。

 これから年末を迎え、重症化を避けたい受験生は、今のうちの予防接種をお勧めします。完全な予防にはなりませんが、お年寄りでなければ8割の予防効果があると言われています。
 また、体力の無いお年寄りなどに対しては3割の感染予防効果しかないようですが、重症化の予防には5割の効果、死亡の予防には8割の効果があるそうです。

これからの年末、予防接種を受けていない小さなお子さん、お年寄りのいる家庭は特に注意を。


ふじあんnet通信 TOP » 12月 2014 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ