1月 2015 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

アーロン・J・サラ来日中 1月28日ライブin横浜

 Aaron・J・SalaのLIVEが来日中。本日1月28日(水)横浜「ROCK A HULA」にてLIVEでした。

 ピアノを弾きながら歌うことで有名なアーロン・J・サラは、ナー・パラパライのバックでピアノを演奏していることでも知られていますが、デビューアルバムである「Ka`upu Aloha-Alone With My Thoughts」にて2006年のナホクハノハノアワードにて6つの賞にノミネートされ、「モスト・プロマイジング・アーティスト」(新人賞)を獲得した実力の持ち主です。

2枚目のアルバム「Napo`ona Mahina: the illusion of reality」は、1枚目に比べてピアノが控えめで、フラで踊りたくなってしまうようなスローな曲が多く入っています。

AARON J SALA

曲目リスト
1. Sweet Moonlight
2. Po La‘ila‘i
3. Hi‘ialoleimakua
4. Mele O Ke Ke‘ena Kalaunu
5. Kanaenae A Ke Aloha
6. Koa‘e
7. Sophisticated Hula
8. Ua Noho Au A Kupa
9. Non T‘amo Piu
10. Aia I Alaka‘i Ka ‘Ano‘i
11. Pulupe Ka ‘Ili
12. Napo‘ona Mahina


機会があれば、次回のライブで生の弾き語りをご堪能ください。

2015年第2週インフルエンザ警報 神奈川

 神奈川県衛生研究所が1月15日発表した2015年第2週(1月5日~1月11日)の県内指定医療機関325ヶ所からのインフルエンザ報告数は8997件。

 定点医療機関当たりのインフルエンザの報告数は27.68と前週(定点当たり報告数10.55)から急増、警報発令の目安となる30.00に再び迫る勢いを見せています。小中学校が冬休みの間は一時沈静化したものの、学校再開とともに再びインフルエンザウイルス感染が拡大し、インフルエンザ流行始まりの早かった2010年、2012年に比べ、まだ1週間ほど早いペースとなっています。

インフルエンザ2015

 定点あたりの報告数が「30.00」を超えた「警報」レベルの地域は、神奈川14地域中、厚木管内、茅ケ崎管内、小田原管内、大和、相模原市の5地域に拡がっています。

各地域の定点当たり報告数は下記のとおりです。

厚木 49.29 (12.55)
茅ケ崎 36.64 (28.45)
小田原 33.7 (5.5)
大和 32.36 (7.09)
相模原市 31.22 (11.5)
藤沢市 29.79 (11.7)
秦野 29.3 (1.4)
川崎市 25.78 (11.81)
横浜市 25.51 (10.52)
平塚 23.55 (17.29)
横須賀市 21.5 (5.0)
足柄上 18.2 (9.4)
鎌倉 17 (1.67)
三崎 15.33 (0.0)

()内は前週の報告数。

 大学センター試験を終え、一段落されている受験生の方も多いと思いますが、油断は禁物です。受験生でも寝不足などで免疫機能が低下した患者さんでは、呼吸器に二次的な細菌感染症を起こしやすくなることが知られており、入院に至るケースもあるようです。

 また、体力の弱い小さなお子さん、お年寄りのいる家庭は、うがい・手洗いといった感染予防に特に注意しましょう。

神奈川各地で14日どんど焼 大磯左義長存続11日に

2015年の正月も終わり、古いお札や正月飾りを神社の境内で燃やす「どんど焼」(左義長神事)が、ここ湘南でも各地で1月14日(水)前後に行われます。

 中でも神奈川県大磯町の左義長は、国の指定重要無形民族文化財に指定されているセエノカミサン(道祖神)の火祭りで、今年は11日(日)大磯北浜海岸で行われました。

 11日朝から、集められたお飾りや縁起物を浜辺に運んで9つの大きな円錐型のセエトが作られ、18時半ごろから9つのセエトでその年の恵方(今年は西南西の庚)に火がつけられ大磯海岸周辺を照らしました。

 この火で団子を焼いて食べると風邪を引かない、書初めを燃やして高く上げれば、書道の腕が上がると言われています。

 近年、材料費の高騰などで運営費がかさみ、存続の危機にあるものの、昨年の左義長より始めたオリジナル清酒の販売などを通じて寄付を募り、なんとか続けられているようです。

 また、藤沢市内の主な神社でも14日に「どんど焼」が行われます。

 藤沢市藤沢の白旗神社では1月14日(水)「白旗左義長祭」として、午後1時半から3色だんごが300円で販売され、午後2時からどんど焼が行われます。枝に刺した3色だんごを焼いて食べて一年間無病息災を祈願します。
 お焚き上げの受付は13日(火)まで

2015年新春藤沢七福神めぐり1月7日スタート

2015年新春イベント:第18回藤沢七福神めぐり(藤沢・江の島歴史散歩)が、
次週1月7日(水)よりスタート、1月31日(土)までの期間開催されます。

 七福神とは、インドのヒンドゥー教(大黒天・毘沙門天・弁財天)、中国の仏教(布袋和尚)、道教(福禄寿・寿老人)、日本の土着信仰(恵比寿・大国主)が入りまじって形成された、神仏習合からなる日本的な信仰対象です。
 室町時代末期頃から信仰され始め、江戸時代に徳川家康の政治指南役・天海僧正による七福神信仰奨励で、七福神めぐりが日本全国に広まったと伝えられています。

藤沢市内の各寺社に奉られている七福神は、以下のとおりです。
①恵比寿(皇大神宮):商売繁盛の神
②大黒天(諏訪神社):豊作の神様
③毘沙門天(白旗神社、龍口寺):勝負事の神様
④弁財天(江島神社):学問と財福の神様
⑤福禄寿(常光寺):福徳・長寿の神様
⑥寿老人(感応院):長寿と幸福の神様
⑦布袋和尚(養命寺):開運・良縁・子宝の神様

 市内8箇所の寺社のスタンプを押印して、
【1】藤沢市観光センター(住所:藤沢市片瀬海岸2-20-13)

【2】片瀬江の島観光案内所(住所:藤沢市片瀬海岸1-14-8)

【3】藤沢市役所観光課(住所:藤沢市藤沢109-6 湘南NDビル6F)
   ※【3】は平日のみ、土・日曜日・祝日は湘南FUJISAWAコンシェルジュ(藤沢駅2階)
 のいずれかに持っていくと100円で「開運干支暦手拭い」を入手できます。
 販売時間は午前9時~午後5時までとなっています。

藤沢七福神

2015年の縁起かつぎにスタンプラリーに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ふじあんnet通信 TOP » 1月 2015 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ