7月 2015 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

第41回サザンビーチちがさき花火大会 2015

今年も花火大会の季節がやって参りました。 今週末8月1日(土)は茅ヶ崎サザンビーチで恒例の花火大会が行われます。


(2014年サザンビーチちがさき花火大会フィナーレ)

【開催日】2015年8月1日(土曜日)※荒天時は翌日順延となり、8月2日(日曜日)に開催予定。
【時間】19時30分から20時20分
【会場】 サザンビーチちがさき周辺交通茅ヶ崎駅から徒歩で約20分。バスで約10分。

 花火大会当日茅ヶ崎駅南口より会場直通の臨時バス(有料)が運行されます。
 サザン通りは20時から21時30分まで交通規制となり、
 花火大会用の駐車場もありませんので、公共交通機関をご利用下さい。

【内容】
  スターマイン
  水中孔雀
  連続打ち上げ花火(4号玉、5号玉、6号玉、7号玉)
  単発打ち上げ花火(8号玉)
  打ち上げ数 約3,000発を予定

 サザンビーチの砂浜には屋台が並び、昨年は約8万人の観光客でにぎわいました。

 先週の鎌倉花火大会は、台風の影響で花火の運搬船が東京湾から届かずに中止となりましたが、このところの台風による荒天が心配です。

 そしてお盆明けの8月18日(火)には藤沢・江の島 納涼花火が、8月22日(金)には第64回湘南ひらつか花火大会が待っています。しっかり予定を組んで湘南の夏を楽しみましょう。

藤沢宿・遊行の盆 2015

梅雨明け夏本番となり、今年も「藤沢宿・遊行の盆」の季節がやってきた。

遊行寺に伝わる「踊り念仏」は、鎌倉時代に時宗・一遍上人が念仏を唱えて全国をまわった際に、念仏を唱えながら踊り出したというのが始まりとされる。

藤沢市では、踊り念仏をモチーフにした藤沢の新しい盆踊り「遊行おどり」と共に藤沢宿の残された文化を生かし、盆踊りイベント「遊行の盆」が始まった。

遊行の盆2015

第10回となる2015年は、全国の有名な盆踊りと競演する「盆踊りフェスティバルin藤沢」が同時開催される。

「盆踊りフェスティバルin藤沢」

7月25日(土)13時~17時 
7月26日(日)10時~12時30分 
藤沢商工会館ミナパーク6階ホール(藤沢駅北口徒歩3分)
チケット2000円(先着順締め切り)

【踊り出演】
遊行おどり(藤沢)
越中おわら(富山)
郡上おどり(岐阜)
西馬音内盆踊り(秋田)
高円寺阿波おどり(東京)
跡部踊り念仏(長野)
ささら踊り(藤沢)


「遊行の盆」
7月24日(金)藤沢駅南口 ファミリー通り商店街
 19:00~21:00 郡上おどり

7月25日(土)
藤沢駅北口 遊行通り4丁目商店街
 17:50~18:20 遊行ばやしコンテスト(前半) 
 18:20~18:40 西馬音内盆踊り
 18:40~19:10 遊行ばやしコンテスト(後半) 

藤沢駅北口 ミナパーク前
 19:25~19:50 西馬音内盆踊り
 19:50~20:05 高円寺阿波おどり
 20:05~20:30 越中おわら(風の盆)
 20:30~20:50 郡上おどり

7月26日(日)遊行寺境内
 16:55~17:10 遊行寺 踊り念仏
 18:00~20:00 遊行の盆 市民大盆踊り大会(ゲスト:クマムシ)
(19:00~19:15) 西馬音内盆踊り
(19:20~19:35) 高円寺阿波おどり


湘南の夏はあっという間に過ぎ去ります。乗り遅れずにみんなで楽しみましょう。

2015年浜降祭は7月20日海の日

真夏のような暑い日が続き、梅雨明けも迫る7月20日(月)海の日、茅ヶ崎海岸で、海の男のお祭り「浜降祭」が開催されます。

浜降祭B2_2015

湘南では、正月より各地で行われる海上渡御(かいじょうとぎょ)の御神輿が有名ですが、中でも茅ヶ崎の浜降祭は、茅ヶ崎市・寒川町の34神社から神輿が繰り出し壮大なお祭りです。

宮出しを行う神社は、鶴嶺八幡社(4社)、鶴嶺地区(4社)、茅ヶ崎地区(6社)、寒川地区(6社)、松林・小出地区(9社)、南湖地区(5社)

相州神輿独特の「どっこい、どっこい」という掛け声とともに神輿が担がれ、海に入って行く様は勇壮です。昔は、海中に神輿を叩き込むこともある荒っぽい祭りでしたが、神輿を新調する出費や怪我などもあって、女性や子供も担げるように変わってきたようです。

神輿が海に入る「みそぎ」は、午前4時頃~の入場時と式典終了後の8時以降に行われますが、たくさんの神輿が海に入るのを見られるのは、お発ち(式典後一斉に神輿が動き出す)の後の8時過ぎです。

波が高いと海に入らないこともあるようですので、このところ続く台風の到来が心配されます。

開催日時:2014年7月20日(月)
開催場所:茅ヶ崎市西浜海岸(サザンビーチ茅ヶ崎)

茅ヶ崎駅南口から有料シャトルバスが午前4時15分から10分おきに運行しています。

なでしこ決勝7月6日 大和市でもPV(パブリックビューイング)

 なでしこジャパンの川澄奈穂美、大野忍、上尾野辺めぐみを応援する大和市が、7月6日(月)午前8時から『FIFA女子ワールドカップカナダ2015パブリックビューイング』を開催する。

場所:大和市生涯学習センターホール
開場:午前7時
定員:400名
(事前申し込みで定員満員とならなかったため当日受付もありますが、定員400名で入場打ち切りの予定)

 2013年1月に「女子サッカーの街」宣言をした神奈川県大和市は、大和駅西側広場を「大和なでしこ広場」と命名し、なでしこジャパン選手の手形モニュメントを設置した。。
 手形モニュメントは青銅製で、なでしこジャパンの川澄奈穂美、大野忍、上尾野辺めぐみ3選手と、元日本代表ゴールキーパーで、現在は大和市職員となっている小野寺志保さんも加わった4名の手形で、サインも入っている。

 川澄奈穂美選手は大和市中央林間出身の29歳、座間市出身だが、現在実家が大和市にある大野忍選手(31歳)と共にINAC神戸レオネッサに所属。横浜市瀬谷区出身だが、川澄選手と同じく林間SCレモンズ、大和シルフィードに所属していた上尾野辺めぐみ選手(29歳)は、アルビレックス新潟レディース所属。
 これまでも、大和市は川澄奈穂美、大野忍、上尾野辺めぐみ3選手を特別表彰し、小中学生の女子サッカー大会を創設するなど、女子サッカーの支援に力を入れてきた。
 昨日7月4日(土)も大和スポーツセンター競技場に女子サッカー日本代表のOGが多数集まり、「なでしこレジェンド」として、大和シルフィードや大和高校女子サッカー部と交流試合を行った。

大和シルフィード

明日の決勝でも地元出身の選手の活躍を期待したい。

ふじあんnet通信 TOP » 7月 2015 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ