1月 2017 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

2017年インフルエンザ流行拡大 神奈川警報発令

2017年のインフルエンザ流行が首都圏に拡がっています。

2017年第3週(1月16日から1月22日)の定点観測地点あたりの平均患者報告数は、
東京都 :28.6人/週(前週15.2人/週)
千葉県 :37.9人/週(前週20.0人/週)
埼玉県 :38.5人/週(前週20.2人/週)
神奈川県:33.6人/週(前週16.7人/週)
と警報レベル:30人/週を超える地域が拡大、関東首都圏で急速に流行が拡がっているため、
都内への通勤・通学電車内での感染に注意が必要です。

神奈川県のインフルエンザ流行状況を過去の推移と比較してみると、過去4年の中で、最も患者報告数が増加する勢いを見せています。

インフルエンザ2016

神奈川県内の流行動向を保健所管区ごとに見てみると、
第2週(1月9日から1月15日)、厚木保健所管区で25.82人/週と警報レベル30人/週に迫る勢いであったものが、
第3週(1月16日から1月22日)は、横浜、川崎、相模原、平塚、鎌倉、三崎、厚木、大和、茅ヶ崎の9地域で
警報レベル30人/週を超えました。

詳細は以下の通りです。
横浜市 32.2人/週
川崎市 33.2人/週
相模原市 40.5人/週
横須賀市 29.4人/週
藤沢市 26.8人/週
平塚 34.6人/週
秦野 27.5人/週
鎌倉 33.6人/週
三崎 37 人/週
小田原 33.5人/週
足柄上 17 人/週
厚木 50.4人/週
大和 41.1人/週
茅ケ崎 33.1人/週

大学入試・高校入試が本番を迎える中、これからピークを迎えるインフルエンザには、予防マスク着用と、うがい・手洗いを心掛けましょう。

マウイ島HānaのファルセッターLeokane Pryor

「Maunahele」 Leokane Pryor(レオカネ・プライヤー)
IMG_2066

虹の美しさで有名なオアフ島Mānoa valleyで育った彼は、
カリフォルニアに渡り音楽活動を開始。

母親の病気のため、ハワイに戻って
マウイ島Hānaよりデビューしたファルセットシンガー
Leokane Pryorの2009年再リリースアルバムとなります。

名前の由来でもある「Leokāneokalani」とは
「天国からの声 (Voice of the Heavens)」という意味

そのファルセットボイスは、ハアイアンシンガーの中でも際立つものがあります。。

【収録曲】

1. ‘Ehukai
2. Puamana
3. Maunahele
4. Do I Love You?
5. Kipahulu
6. Lei Nani
7. (They Long to Be) Close to You
8. Pohakuloa/Beyond the Reef
9. Ka’iulani/’Ainahau
10. I’ll Remember You
11. Ku’u Pua I Paoakalani
12. All the Pretty Little Horses

「Mamo」 ネイサン・アウェアウ&ジェフ・ピーターソン

「Mamo」  Nathan Aweau & Jeff Peterson

img_2044


ナ・ホク・ハノハノ・アワード男性最優秀ボーカリストを
何度も受賞したネイサン・アウェアウ(Nathan Aweau)と
スラッキーギターの名手ジェフ・ピーターソン(Jeff Peterson)による
新ユニットMamo(マモ)

「Mamo」はハワイ語で子孫の意味で、
マウイ島の王「カヘキリ」の子孫にあたるネイサンと
ハワイアンのカウボーイである「パニオロ」の子孫であるジェフが
伝統的ハワイアンの楽曲をアレンジしたファーストアルバム


【収録曲】

1.’A ‘Oia!
2.Pua Lililehua
3.Na ‘Oiwi O Ke Kai (Jeff Peterson)
4.Hawai’i Calls
5.Henehene Kou ‘Aka
6.Ku’u Ipo I Ka He’e Pu’e One
7.Maluhia (Jeff Peterson)
8.Papalina Lahilahi
9.Mokihana Lullaby
10.Hawai’i Nei
11.’Aluna Ahiahi (Jeff Peterson)
12.Noho Paipai
13.’Ulupalakua
14.Makee ‘Ailana

ふじあんnet通信 TOP » 1月 2017 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ