1月 2018 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ | ふじあんnet通信

皆既月食 1月31日 神奈川県藤沢市の夜空

2018年1月31日の夜は、皆既月食を日本全国で見ることができます。

月は太陽の反対側にあるため満月の状態で、太陽と月の間に地球が入り、
地球の影に隠れて月に太陽の光の多くが遮られるため
「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色になります。

太陽の光は平行光なので、
月が地球の影に隠れて真っ暗になるように思われるかもしれませんが、
地球の大気がレンズの役割を果たして太陽光が地球の裏側に屈折して
月に届くため暗いながらも月の姿を見ることができるのです。

また、太陽の光が大気を通過する際に、波長の短い青い光は大気中の分子に散乱されやすく
波長の長い光は散乱の影響を受けにくいため、
赤く弱い光に照らされた月を我々が目にすることになるのです。
(夕日が、赤く見えるのと同じ原理です。)

【1月31日夜の湘南藤沢の空】


月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。
食の最大は、22時29.8分で、皆既食が1時間17分続いた後、
23時8分を過ぎると輝きが戻り始め、
真夜中を過ぎた翌日0時12分に元の丸い形へ戻ります。

月食の欠け始めから元に戻るまでを全国で見ることができたのは、
以前は2015年4月、次は2022年11月となっています。

気になる神奈川県の明日夜のお天気は、星空指数60とまずまずの夜空
このチャンスをお見逃しなく

ハラウ・オ・ケクヒ(Halau O Kekuhi) ★Hi’iaka I Ka Poli O Pele

「Hi’iaka I Ka Poli O Pele」 Halau O Kekuhi




Aunty Edith Kanaka`oleが創設し、
娘のクムフラ姉妹Nalani Kanaka’ole と Pualani Kanaka’ole Kanahele が率いた
“名門中の名門”のハラウ・オ・ケクヒによるアルバム。

その昔、伝説の炎の女神ペレが、タヒチからホームであるハワイ島のキラウェア火山まで
行った旅程を力強いCHANTで表現しています。

Halau O Kekuhiは、

2007年にPualaniがクムを2人の娘である
Kekuhi Keali‘ikanaka‘oleohaililaniと
Huihui Kanahele-Mossmanに引継ぎ、

現在は、NalaniとHuihuiの指導の元で活動を続けている。

Pualani の娘Kekuhi Kanaheleは、
Na Hoku Hanohano Awardsも受賞している
女性ヴォーカリストとしても知られています。

【CD 収録曲】

1.Holo Mai Pele Mai Ka Hikina
2.No Ke Ha`a Ana o Hi`iaka
3.Pana`ewa
4.Manamanaiakaluea
5.Kauhike`imakaokalani
6.Malaeha`ako`a
7.Kilu
8.Pau`o Hopoe i ke ahi
9.Lohi`au & Hi`iaka
10.No Ka Paio `Ana o Hi`iaka me Ke Kaikua`ana
11.No Ka Ho`opuka `Ana o Hi`iaka, He Akua

1月21日江の島・片瀬海岸東浜で寒中神輿錬成大会

今年も1月21日の日曜日、午前11時から、新成人の門出を祝う寒中神輿錬成大会が片瀬海岸東浜で行われます。
 藤沢・鎌倉神輿連合会の主催で今年で37回目。新成人を祝うとともに、1年間の渡御の無事を祈願する催しで、毎年次の4基が参加しています。

1番:腰越小動会(こしごえ・こゆるぎかい)
2番:龍を載せる片瀬諏訪睦 (かたせ・すわむつみ)
3番:赤長提灯の藤沢伊勢睦会(ふじさわ・いせむつみかい)
4番:一番大きな四点棒の藤沢鳳龍会(ふじさわ・ほうりゅうかい)



 10:30より片瀬海岸東浜で和太鼓演奏がスタート。11:00からの神事をすませた後、新成人に担がれた神輿が浜から勢いよく海へ入り、海上渡御(かいじょうとぎょ)を行います。

 この寒中神輿の様子は、江の島ライブカメラによりUSTREAMでも生中継される予定です。

開催日時 :2018年1月21日 10:30~12:30頃(海上渡御/11:40頃) ※雨天中止
開催場所 :神奈川県藤沢市 片瀬海岸東浜
アクセス :小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」~徒歩2分


 湘南地域では地域のお神輿の海上渡御が、濱降祭・海開きなどで行われますが、冬の寒中神輿海上渡御は大磯に続いてこの藤沢片瀬のみです。日曜日は寒さが厳しいようですが、晴れの見込み。新成人の元気をもらいに出かけてみませんか?

どんど焼 神奈川各地で14日に 大磯左義長は本日13日

 2018年の正月も終わり、大学受験生は本日13日(土)、明日14日(日)がセンター試験本番となりますが、古いお札や正月飾りを神社の境内で燃やす「どんど焼」(左義長神事)が、ここ湘南各地で始まります。

 旧来は1月14日に行われるところ、最近は前後の土日に開催されてきましたが、今年は日曜日と重なったため、この日に合わせて多くの神社で行われます。

 本日13日(土)は、国の指定重要無形民族文化財に指定されている神奈川県大磯町の左義長が、大磯北浜海岸で行われる予定です。

 大磯の左義長は、セエノカミサン(道祖神)の火祭りで、集められたお飾りや縁起物を、13日朝から浜辺に運んで9つの大きな円錐型のセエトが作られ、18時半から9つのセエトでその年の恵方(今年は南南東の戊「つちのえ」)に火がつけられ大磯海岸周辺を照らします。

【動画は昨年の様子】
 この火で団子を焼いて食べると風邪を引かない、書初めを燃やして高く上げれば、書道の腕が上がると言われています。

 団子セット(700円)は本日12:00~市内4か所において個数限定で販売されます。

 近年、材料費の高騰などで運営費がかさみ、存続の危機にあったものの、2014年の左義長より始めたオリジナル清酒の販売などを通じて寄付を募り、なんとか続けられているようです。

また、明日14日には藤沢市内の主な神社でも「どんど焼」が行われます。

 藤沢市藤沢の白旗神社では明日1月14日(木)「白旗左義長祭」として、午後1時半から3色だんごが300円で販売され、午後2時からどんど焼が行われます。枝に刺した3色だんごを焼いて食べて一年間無病息災を祈願します。

1月7日 七草がゆ振る舞い 湘南各地で(鎌倉・茅ヶ崎・平塚)

 1月7日(土)は七草粥(がゆ)の日。人日の節句であり、江戸幕府が公的な行事・祝日として定めた5節句(伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日)の中の1日です。
 古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていました。そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていたそうです。

 江戸時代に公的な行事となった人日の節句には、将軍以下全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝いました。
 1月6日の夜に、セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの「七草」を叩いて細かくし、7日の朝に粥を炊いてその一年の無病息災を願って朝食として食べるのが本来の習慣だそうです。

 最近では、スーパーでも七草粥(がゆ)セットの野菜がパック詰めで売られていますが、1月7日は湘南地域の神社やお寺を中心に、七草がゆが振る舞われる行事が予定されています。

■鎌倉市大船観音寺では、毎年恒例の七草がゆの振る舞いが行われます。午前11時ごろから修行僧が炊いた七草がゆが参拝者に無料で配られるそうです。

■茅ヶ崎市里山公園では、谷の家のかまどを使い七草がゆが振る舞われます。午前10時受付開始で整理券が配られ、11時すぎから100食分が配布される予定です。(参加費:100円 持ち物:おわん・お箸持参が良いようです)

■平塚七福神ツアーのコースにもなっている平塚市長楽寺では初薬師祈祷会が開かれ、本尊薬師如来の祈祷の後、午前11時より参拝者に薬膳七草粥が振舞われます。ちなみに2018年平塚七福神ウォーキングツアーも1月7日よりスタートします。


 今年一年、健康に過ごしましょう。

Hawaiian Style Band(ハワイアン・スタイル・バンド)`Ohana(オハナ)

「`Ohana」 Hawaiian Style Band

Bryan Kessler(ブライアン・ケスラー)、
Robi Kahakalau(ロビ・カハカラウ)らのメンバーで
デビューアルバム「Vanishing Treasures」と
セカンドアルバム「Rhythm of the Ocean」が
共にNa Hoku Hanohano Awardsに輝いた
Hawaiian Style Band

さらに、Robi Kahakalauは
1995年発売のソロデビューアルバムで
Na Hoku Hanohano Awards2冠と続くのだが、

Robi Kahakalauのvocal抜きの
Hawaiian Style Bandは1995年発売のこの3rdアルバムで
新たな方向性に挑戦している。


【収録曲】
1. I Will Be There (We Are ‘Ohana)
2. Mauna Loa
3. ‘E Nei, ‘E Nei
4. Tailgate Jam
5. Love Has Come
6. Bump
7. Kama’aina
8. Without Your Love
9. First Time Love
10. Love Child
11. Give A Lei

「Ho`anapau」Hulu Lindsey

「Ho`anapau」 Carmen “Hulu” Lindsey

2014年Na Hoku Hanohano Awardsにて
Female Vocalist of the Yearに輝いた
フォルセットボイスを持つHulu Lindseyの
2002年発売セカンドアルバム

マウイ島評議会議長も務め
彼女の娘のハラウHalau Na Lei Kaumaka O Uka
と共に、ハワイアンの伝統を守る彼女が、
トラディショナルなフラの曲を中心に構成。

Napua Greigが3曲を提供、
Richard Ho`opi`iとHoward A`iがボーカルとして参加

【収録曲】

1.He Nani Helena
2.Makee `Ailana
3.Beautiful Mahelani Moon
4.Nani Waimea I Ka`uhiwai La
5.Okehaleha Ku`u Maka I Ke Ahi Pele
6.Paliakamoa
7.Ku`u Hoa
8.Pu`uanahulu
9.He Mele No O Ku`u Tutu
10.Waiomina
11.Halema`uma`u
12.Ka`uhiwai `O Waimea

ふじあんnet通信 TOP » 1月 2018 - ふじあんnet通信年 のアーカイブ