インフル 流行 神奈川 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

インフルエンザ流行ピークへ 神奈川は全国でも突出

 2月7日に発表された2014年第5週(01月27日~02月02日)の全国定点観測施設からのインフルエンザ報告数は、170,403人(前週は122,618人)。定点あたりの報告数は34.44と前週の24.81からさらに増加し、全国平均で警報レベルの30を超えた。全国で警報レベルを超えている保健所地域も274箇所(40都道府県)と増加している。

 都道府県別では、沖縄県の68.98(前週54.12)を筆頭に、大分県60.03、宮崎県56.08、神奈川県47.96、埼玉県47.87、福岡県45.57、佐賀県45.05、長野県44.66、滋賀県44.53、千葉県42.47、東京都41.18、長崎県41.01、群馬県41.00が40を超え、さらに11府県で警報レベルの30を超えている。

 全国と比べても感染が拡大している神奈川県の第5週(1/27~2/2)のインフルエンザ患者報告数は16161人。定点当たり報告数は47.96は、過去10年間で2004/2005年シーズン、2011/2012年シーズンのピーク時に次ぐ報告数で、今後さらなる増加も懸念される。
神奈川 インフルエンザ
 保健所別に見ると、厚木84.76、茅ケ崎64.09、相模原市56.17、大和50.73、横浜市49.37、藤沢市48.36、平塚45.82、川崎市40.85までが40を超え、加えて4地域も警報レベル30を超え、警報レベル以下は三崎17.33、足柄上11.2の2地域のみであった。

 第5週の学級閉鎖は、県内で423クラス(前週149クラス)、学年閉鎖22校、学校閉鎖2校とこちらもさらに急増しております。今まさに私立高校、公立高校の受験期間に突入するところです。受験生を持つご家庭はさらなる予防・注意を行って、悔いが残らないように体調管理を行いましょう。

ふじあんnet通信 TOP » インフル 流行 神奈川 アーカイブ - ふじあんnet通信