インフルエンザ 流行 神奈川 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

2014年第50週インフルエンザ注意報 神奈川

 神奈川県衛生研究所が12月18日発表した2014年第50週(12月8日~12月14日)の県内指定医療機関336ヶ所からのインフルエンザ報告数は4208件。

 定点医療機関当たりのインフルエンザの報告数は12.52と前週(定点当たり報告数6.85)からほぼ倍増、注意報発令の目安となる10.00をついに超えました。引き続きインフルエンザ流行始まりの早かった2010年、2012年に比べて4週間ほど早いペースとなっています。

インフルエンザ2014 50

 定点あたりの報告数が「10.00」を超えた「注意報」レベルの地域は、神奈川14地域中、秦野管内、相模原市、川崎市、横浜市、厚木管内、小田原管内、茅ケ崎管内の7地域に拡がっています。中でも秦野管内の定点当たり報告数は26.6と「警報」レベルの「30.00」に迫る勢いを見せています。

各地域の定点当たり報告数は下記のとおりです。

秦野 26.6 (11.8)
相模原市 14.39 (9.48)
川崎市 13.37 (7.85)
横浜市 13.28 (8.04)
厚木 12.41 (4.59)
小田原 11.7 (5.7)
茅ケ崎 10 (3.11)
平塚 9.55 (5.36)
横須賀市 9.36 (4.21)
大和 8.73 (2.36)
藤沢市 8.29 (3.5)
鎌倉 7.7 (1.6)
足柄上 4 (3.8)
三崎 2.33 (1.33)


()内は前週の報告数。

 同期間(第50週:12月8日~12月14日)の東京都全地域の定点あたりの報告数は 10.15となり、東京都も同時に「注意報」レベルを超えました。

 年齢別に見ると14歳以下が78%を占め、小中学校の学級閉鎖が増加しておりましたが、これから冬休みを迎え、流行の鈍化が予想されます。但し、大人を含め週末のクリスマス商戦とその後の年末商戦で人混みに接する機会も多くなります。
 これからの年末、人混みから帰ったらうがいと手洗いを心がけて、予防接種を受けていない小さなお子さん、お年寄りのいる家庭は特に注意しましょう。

2014年第48週インフルエンザ感染者数 倍増

 神奈川県衛生研究所が12月4日発表した2014年第48週(11月24日~11月30日)県内指定医療機関331ヶ所からのインフルエンザ報告数は1337件。定点医療機関当たりのインフルエンザの報告数は4.04と前週(定点当たり報告数1.96)より倍増、次週注意報発令の目安となる10.00に迫ることが予想されます。

インフルエンザ2014

 定点あたりの報告数が「1.00」を超えた「流行」レベルの地域は、神奈川14地域中、三崎管内を除く13地域に拡がっています。
詳細は下記のとおりです。

秦野 7.3(3.1)
小田原 6.6(1.2)
相模原市 5.09(1.91)
川崎市 4.76(2.78)
横浜市 4.33(2.16)
全県 4.04(1.96)
平塚 3.73(3.36
藤沢市 3.36(1.0)
横須賀市 2.86(1.14)
厚木 2.35(0.59)
茅ケ崎 1.7(1.0)
足柄上 1.6(0.4)
大和 1.55(1.09)
鎌倉 1.2(1.1)
三崎 0(0)

()内は前週の報告数。

同時期の東京都墨田区の定点あたりの報告数は11となっており、東京都に近い都市部から感染が拡がっている様子が伺えます。

 これから年末を迎え、重症化を避けたい受験生は、今のうちの予防接種をお勧めします。完全な予防にはなりませんが、お年寄りでなければ8割の予防効果があると言われています。
 また、体力の無いお年寄りなどに対しては3割の感染予防効果しかないようですが、重症化の予防には5割の効果、死亡の予防には8割の効果があるそうです。

これからの年末、予防接種を受けていない小さなお子さん、お年寄りのいる家庭は特に注意を。


インフルエンザ流行開始 2014年11月神奈川

 神奈川県衛生研究所の11月28日発表によると、2014年第47週(11/17~11/23)のインフルエンザ患者報告数がは614人、定点当たり報告数が1.96となり、今シーズン初めて流行開始の目安となる1.00を超えました。

 最近のインフルエンザ流行始まりの早かった2010年、2012年に比べても3~4週間早いペースとなっています。

インフルエンザ2014

 定点当たり報告数を全国的に見ると、岩手県が6.2、福島県が2.76、神奈川県が1.96、東京都が1.92と東北や関東で感染が拡大しています。

 センター試験プレテストも始まり、いよいよ受験シーズンを迎える中、地域の医療機関ではインフルエンザワクチンの予防接種が行われておりますので、予防接種は早めに受けたほうが良いようです。というのも、厚生労働省によるとワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要するとのことだからです。

 また、2014年秋以降に検出されたウイルスのタイプは、A香港型が全体の9割近くを占め、高齢者で重症化しやすいとされています。
ワクチン接種はインフルエンザの感染そのものは防げませんが、かかったときの重症化防止には有効とのことです。
 個人差はありますが、子供だけではなくお年寄りも積極的に接種されるのが良いようです。

 普段の生活では基本的な「うがい・手洗い」の励行が予防対策には欠かせません。体力の弱い子供、お年寄りのいる家庭は十分注意しましょう。

インフルエンザ首都圏で流行 神奈川でも警報

 1月31日に発表された2014年第4週(01月20日~01月26日)の全国定点観測施設からのインフルエンザ報告数は、122,618人(前週は58,233人)。定点あたりの報告数は24.81と前週の11.78、前々週の5.51から倍々で増えています。

 全国地域別の定点あたりの報告数は、沖縄県の54.12(前週36.74)を筆頭に、大分県39.62、宮崎県37.86、佐賀県34.79、埼玉県33.69、長崎県32.47、福岡県32.19、神奈川県31.52、滋賀県31.32、千葉県30.08が警報レベルの30を超え、東京都の29.68と加え、一週間の間に関東首都圏で一気に流行が広がった形です。

インフルエンザ 警報 神奈川

 神奈川県の第4週の患者報告数は10558人。定点当たり報告数は31.52と前週11.05からおよそ3倍増加し、一気に警報レベルの30を超えました。保健所別に見ると、厚木57、茅ケ崎48.91、相模原市39、横浜市32.06、大和30.18、鎌倉29.63、藤沢市28.07、川崎市27.28、平塚25.64、小田原24.9が高いレベルにあり、各地域とも患者報告数が約3倍に増加しています。

 2009年に「新型インフルエンザ」として流行し、昨年、一昨年は見られなかったH1N1型のウイルスが、今シーズン再流行しています。予防接種を受けていない方で2009年以降この型のインフルエンザに罹患したことがない方は、重症化する恐れがありますので、十分な注意が必要です。

 第4週の学級閉鎖は、県内で149クラス(前週23クラス)、学年閉鎖7校、学校閉鎖1校とこちらも急増しております。公立高校受験まで残り2週間、受験生を持つご家庭は十分な予防・注意を行って、万全の体調でお子さんを送り出しましょう。

 

インフルエンザ流行拡大 神奈川・湘南も受験生注意

 1月24日に発表された2014年第3週(1/13-1/19)の全国定点観測施設からのインフルエンザ報告数は、58,233人。定点あたりの報告数は11.78と前週の5.51から倍増しました。

 全国地域別の定点あたりの報告数は、沖縄県(36.74)、宮崎県(19.58)、岐阜県(19.13)、大分県(17.57)、福岡県(16.31)、熊本県(16.03)、佐賀県(15.00)、滋賀県(14.66)、大阪府(14.23)、愛知県(14.18)が高い値となっており、九州、近畿中部を中心にインフルエンザ流行が拡大しています。

 神奈川県の第3週の患者報告数は3656人。定点当たり報告数は11.05と前週5.10と倍増し、注意報レベルの10を超えた保健所管内は、厚木(19.47)、茅ヶ崎(15.18)、相模原市(13.91)、横浜市(11.96)、小田原(10.60)の5箇所です。
インフルエンザ 神奈川

 児童・生徒の間でも流行が拡大しており、第3週は県内の学級閉鎖が23クラス、2校で学年閉鎖となりました。これから、受験シーズン本番突入を迎え、受験生を持つご家庭は、十分な予防・注意が必要です。

 万が一インフルエンザにかかったら、早めに(発症から48時間以内)タフミルなどの抗インフルエンザウイルス薬の服用を開始すると、発熱期間が1~2日間短縮されるとのことです。逆に症状が出てから2日(48時間)以降に服用を開始した場合、十分な効果は期待できません。
 風邪を引いたかなと思ったら、早めにお医者さんの診察を受けましょう。

 

インフルエンザ流行開始 神奈川・横浜などで

 神奈川県衛生研究所が12月26日発表の2013年第51週(12月16日~12月22日)県内指定医療機関318ヶ所からのインフルエンザ報告数は327件。定点医療機関当たりのインフルエンザの報告数は1.03と前週(定点当たり報告数0.46)より倍増、流行開始の目安となる1.00をついに超えました。

インフルエンザ 2013 神奈川
 定点あたりの報告数が「1.00」を超えた「流行」レベルの地域は、神奈川14地域中、横浜市、川崎市、厚木、大和管内の4市・管内、詳細は下記のとおりです。

厚木管内:1.94(0.47)、横浜市:1.41(0.51)、大和管内:1.36(0.82)、川崎市:1.17(0.61)

()内は前週の報告数。

 その他の地域の報告数を以下に列挙します。

平塚管内:0.55、藤沢市:0.5、相模原市:0.41、小田原管内:0.4、横須賀市:0.36、
茅ケ崎管内:0.27、足柄上管内:0.2、鎌倉管内:0.11、秦野管内:0.1

 こちらは、インフルエンザの報告はまだ散在というところですが、都市部からの流入は時間の問題でしょう。

 これから年末年始を迎え、医療機関がお休みとなります。重症化を避けたい受験生は、今のうちの予防接種をお勧めします。完全な予防にはなりませんが、お年寄りでなければ8割の予防効果があると言われています。
 また、体力の無いお年寄りなどに対しては3割の感染予防効果しかないようですが、重症化の予防には5割の効果、死亡の予防には8割の効果があるそうです。

これからの年末、予防接種を受けていない小さなお子さん、お年寄りのいる家庭は特に注意を。

神奈川インフルエンザ流行も収束 湘南・藤沢も

2月14日発表の神奈川県インフルエンザ情報によると、前週定点あたりの報告数が37.70であったが、2週連続でさらに下降し、今週(2月4日~2月10日)は、23.95とついに警戒レベルの「30.0」を下回った。
 (神奈川県定点報告患者数も、前々週:13883人⇒前週:12667人⇒今週:7902人と減少)

 湘南・藤沢市でも前週の定点患者報告数30.0から21.5とおよそ3割減、隣の鎌倉市(21.22)に並ぶくらい減少した。

 定点あたりの報告数が「30.0」を超えた警報レベルの地域は、ついに厚木管区のみとなったが、まだ厚木管区は40.7と高いレベルを維持しており周囲の地域も含めて注意が必要だ。

 インフルエンザ流行はこのまま、束に向かうものと見られるが、小さなお子様・お年寄りについては、油断せず引き続き注意が必要である。

インフルエンザ 神奈川 2月14日
 【2月4日~2月10日:神奈川定点あたりのインフルエンザ報告数】

 インフルエンザに代わって、今、注意が必要なのが、これから本格的な季節を迎える「花粉症」と、大流行を見せている「風疹」です。インフルエンザの流行情報は、今シーズンは今回で終了し、代わって神奈川・湘南の「花粉情報」、「風疹」情報について情報を集めて配信して行きます。

神奈川インフルエンザ流行もピークを過ぎる 湘南・藤沢も

 2月7日発表の神奈川県の情報によると、インフルエンザ流行は、神奈川県で、定点あたりの報告数が41.69であった前週をピークについに下降に転じ、今週(1月28日~2月3日)は、37.70となった。
 (神奈川県定点報告患者数は12667人と、前週の13883人から微減)

 湘南・藤沢市でも前週の定点患者報告数30.29から30.0とほぼ横ばいで、隣の鎌倉市は、警戒レベルの30.0を下回った。

 定点あたりの報告数が「30.0」を超えた警報レベルの地域は、前週と大きく変わらず、11地域のままであるが、40を超えていた8地域中、横浜、川崎、平塚、小田原、茅ヶ崎、大和の6地域で定点当たりの報告数が40を下回っている。

1

 このまま、流行の沈静化が進めば、昨シーズンの大流行には至らずに収束するものと予想される。

 今シーズンの流行を総括すると、今年もAH3主流のシーズンであった。昨シーズンは主にAH3型が検出されていたが、今シーズンの流行ピークである2013年1月も、いまのところAH3型が136件、AH1pdm09が1件、B型が4件検出とAH3主流の結果となった。インフルエンザ予防接種が、患者数抑制にある程度効果を示したものと言えよう。

 但し、ニュースなどで報じられている通り、病院内のインフルエンザ集団感染による死亡例なども出ており、体力のない子供、お年寄りについては、気を緩めずに注意が必要である。

神奈川インフルエンザ流行警報が藤沢を含む11地域に拡大

 1月31日発表の神奈川県によるインフルエンザ流行情報によると、定点あたりの報告数が「30.0」を超えた警報レベルの地域は、前週、神奈川14地域中、厚木管内のみであったが、今週は、東は隣接する藤沢、茅ヶ崎、大和管内を越え、鎌倉、横浜、川崎管内へまで11地域に拡大した。

 1月21日~27日一週間の神奈川県定点報告患者数は13883人、前週の7806人から2週連続して1.8倍に増加。
定点当たりの報告数も前週の23.30から41.69まで上昇、2010/11シーズンのピーク数を超えた。
1
 患者報告数が多いのは、依然として厚木管内で、定点当たりの報告数も前週39.65が、64.18と猛威を振るっている。他の地域では、川崎、横浜、相模原、平塚、小田原、秦野、茅ヶ崎、大和の8地域でも定点当たりの報告数が40を超えている。

 藤沢市でも前週の定点患者報告数20.57から30.29へ上昇してはいるが、周辺の市町村に比べると患者数増加の傾向はゆるやか
である。
 
 県内の小中学校でも依然として学級閉鎖が相次いでおり、お年寄りのいる家庭では、引き続き感染対策に注意が必要である。もうじき、流行のピークを迎え、後は沈静化すると見られていますが、気を緩めずに手洗い・うがいを励行しましょう。

インフルエンザ流行  神奈川各地で注意報発令 藤沢市も

 1月17日、神奈川県は、2013年第2週(1月7日~1月13日)のインフルエンザ患者報告数が定点観測地点で4250人に上り、定点当たり報告数が「13.12」と前週(定点当たり報告数2.77)よりも大きく増加、注意報の指標「10.0」を超えたため、インフルエンザ流行注意報を発令した。
1

 神奈川県の地域別に見ると、注意報レベルに達していないのは、東南部鎌倉市、横須賀市、三浦市の3市のみとなっており、藤沢市も「10・64」と注意報レベルを超え、厚木市に至っては「21.82」と警報レベルに近づきつつある。

 学級閉鎖についても、1月16日より藤沢市で、市立秋葉台中学校の1年1クラスが学級閉鎖。茅ケ崎市でも同日より、市立鶴嶺小学校の3年1クラスと市立中島中の1年1クラスが学級閉鎖となった。両市とも公立小中学校では本年度初の学級閉鎖とのことである。
3連休の寒波で患者数が急増したものと見られ、15日の欠席者数のうちインフルエンザと診断された生徒数は秋葉台中が8人、鶴嶺小が5人、中島中が4人となっており、インフルエンザと診断されていない欠席生徒の中にも感染者がいるものと思われる。

 昨年より、1週間早い注意報発令となり、例年の傾向に習うと今後、1月下旬から2月上旬にピークを迎えるものと見られ、受験生、幼児、お年寄りが回りに方は、特に感染予防と感染拡大の防止の注意をしましょう。

ふじあんnet通信 TOP » インフルエンザ 流行 神奈川 アーカイブ - ふじあんnet通信