インフルエンザ 流行 首都圏 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

インフルエンザ首都圏で流行 神奈川でも警報

 1月31日に発表された2014年第4週(01月20日~01月26日)の全国定点観測施設からのインフルエンザ報告数は、122,618人(前週は58,233人)。定点あたりの報告数は24.81と前週の11.78、前々週の5.51から倍々で増えています。

 全国地域別の定点あたりの報告数は、沖縄県の54.12(前週36.74)を筆頭に、大分県39.62、宮崎県37.86、佐賀県34.79、埼玉県33.69、長崎県32.47、福岡県32.19、神奈川県31.52、滋賀県31.32、千葉県30.08が警報レベルの30を超え、東京都の29.68と加え、一週間の間に関東首都圏で一気に流行が広がった形です。

インフルエンザ 警報 神奈川

 神奈川県の第4週の患者報告数は10558人。定点当たり報告数は31.52と前週11.05からおよそ3倍増加し、一気に警報レベルの30を超えました。保健所別に見ると、厚木57、茅ケ崎48.91、相模原市39、横浜市32.06、大和30.18、鎌倉29.63、藤沢市28.07、川崎市27.28、平塚25.64、小田原24.9が高いレベルにあり、各地域とも患者報告数が約3倍に増加しています。

 2009年に「新型インフルエンザ」として流行し、昨年、一昨年は見られなかったH1N1型のウイルスが、今シーズン再流行しています。予防接種を受けていない方で2009年以降この型のインフルエンザに罹患したことがない方は、重症化する恐れがありますので、十分な注意が必要です。

 第4週の学級閉鎖は、県内で149クラス(前週23クラス)、学年閉鎖7校、学校閉鎖1校とこちらも急増しております。公立高校受験まで残り2週間、受験生を持つご家庭は十分な予防・注意を行って、万全の体調でお子さんを送り出しましょう。

 

ふじあんnet通信 TOP » インフルエンザ 流行 首都圏 アーカイブ - ふじあんnet通信