インフルエンザ 流行 2015 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

2015年第2週インフルエンザ警報 神奈川

 神奈川県衛生研究所が1月15日発表した2015年第2週(1月5日~1月11日)の県内指定医療機関325ヶ所からのインフルエンザ報告数は8997件。

 定点医療機関当たりのインフルエンザの報告数は27.68と前週(定点当たり報告数10.55)から急増、警報発令の目安となる30.00に再び迫る勢いを見せています。小中学校が冬休みの間は一時沈静化したものの、学校再開とともに再びインフルエンザウイルス感染が拡大し、インフルエンザ流行始まりの早かった2010年、2012年に比べ、まだ1週間ほど早いペースとなっています。

インフルエンザ2015

 定点あたりの報告数が「30.00」を超えた「警報」レベルの地域は、神奈川14地域中、厚木管内、茅ケ崎管内、小田原管内、大和、相模原市の5地域に拡がっています。

各地域の定点当たり報告数は下記のとおりです。

厚木 49.29 (12.55)
茅ケ崎 36.64 (28.45)
小田原 33.7 (5.5)
大和 32.36 (7.09)
相模原市 31.22 (11.5)
藤沢市 29.79 (11.7)
秦野 29.3 (1.4)
川崎市 25.78 (11.81)
横浜市 25.51 (10.52)
平塚 23.55 (17.29)
横須賀市 21.5 (5.0)
足柄上 18.2 (9.4)
鎌倉 17 (1.67)
三崎 15.33 (0.0)

()内は前週の報告数。

 大学センター試験を終え、一段落されている受験生の方も多いと思いますが、油断は禁物です。受験生でも寝不足などで免疫機能が低下した患者さんでは、呼吸器に二次的な細菌感染症を起こしやすくなることが知られており、入院に至るケースもあるようです。

 また、体力の弱い小さなお子さん、お年寄りのいる家庭は、うがい・手洗いといった感染予防に特に注意しましょう。

ふじあんnet通信 TOP » インフルエンザ 流行 2015 アーカイブ - ふじあんnet通信