インフルエンザ 神奈川 2014 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

2014年第50週インフルエンザ注意報 神奈川

 神奈川県衛生研究所が12月18日発表した2014年第50週(12月8日~12月14日)の県内指定医療機関336ヶ所からのインフルエンザ報告数は4208件。

 定点医療機関当たりのインフルエンザの報告数は12.52と前週(定点当たり報告数6.85)からほぼ倍増、注意報発令の目安となる10.00をついに超えました。引き続きインフルエンザ流行始まりの早かった2010年、2012年に比べて4週間ほど早いペースとなっています。

インフルエンザ2014 50

 定点あたりの報告数が「10.00」を超えた「注意報」レベルの地域は、神奈川14地域中、秦野管内、相模原市、川崎市、横浜市、厚木管内、小田原管内、茅ケ崎管内の7地域に拡がっています。中でも秦野管内の定点当たり報告数は26.6と「警報」レベルの「30.00」に迫る勢いを見せています。

各地域の定点当たり報告数は下記のとおりです。

秦野 26.6 (11.8)
相模原市 14.39 (9.48)
川崎市 13.37 (7.85)
横浜市 13.28 (8.04)
厚木 12.41 (4.59)
小田原 11.7 (5.7)
茅ケ崎 10 (3.11)
平塚 9.55 (5.36)
横須賀市 9.36 (4.21)
大和 8.73 (2.36)
藤沢市 8.29 (3.5)
鎌倉 7.7 (1.6)
足柄上 4 (3.8)
三崎 2.33 (1.33)


()内は前週の報告数。

 同期間(第50週:12月8日~12月14日)の東京都全地域の定点あたりの報告数は 10.15となり、東京都も同時に「注意報」レベルを超えました。

 年齢別に見ると14歳以下が78%を占め、小中学校の学級閉鎖が増加しておりましたが、これから冬休みを迎え、流行の鈍化が予想されます。但し、大人を含め週末のクリスマス商戦とその後の年末商戦で人混みに接する機会も多くなります。
 これからの年末、人混みから帰ったらうがいと手洗いを心がけて、予防接種を受けていない小さなお子さん、お年寄りのいる家庭は特に注意しましょう。

ふじあんnet通信 TOP » インフルエンザ 神奈川 2014 アーカイブ - ふじあんnet通信