エノシマ 2014 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

あちこちに2014「エノシマトレジャー」のヒントが

 2014年2月8日(土)あいにくの大雪となりましたが、子供たちに大人気の「エノシマトレジャー」がスタート。

 2月11日(月・祝)は、お昼前から日差しも出てきて、小雪がちらついたものの、まずまずの探検日和となり、地図を片手にした家族連れが江ノ島・本鵠沼を訪れました。

 (前回の続き)
 江ノ島で使命1「騎士の証」を入れた後は、使命2の謎を解き「手がかり」の在りかを探し出します。「手がかり」の場所を見つけたらさらに次の「手がかり」の在りかを探しに行く。最終的に「救世の箱」を見つけて、そこに記されてある最終キーワードを手に入れるというもの。
 手に入れた最終キーワードを藤沢駅2階の観光案内所で報告するとパーフェクト賞がもらえます。

 使命1のヒントは、地図に記された江ノ島の各店舗店頭で、使命2のヒントは本鵠沼商店街の各店舗店頭で、発見できます。エノシマトレジャー ヒント


 宝の地図(冊子)は、小田急線主要駅、藤沢市観光センター、観光案内所などで配布中(参加費は無料)。藤沢市観光協会のホームページからエノシマトレジャーWEBページ経由でダウンロードもでき、WEB限定の特別ヒントも公開されています。

 リアル宝探しゲーム「エノシマトレジャー」は3月31日(月)まで行われていますが、賞品には数の限りがあるようなのでお早めに。

2014「エノシマトレジャー」が神奈川湘南・藤沢市江の島でスタート

 2014年2月、リアル宝探しゲームとして子供たちに人気の「エノシマトレジャー」が帰ってきました。

 湘南・江ノ島の宝探しイベントとして小学生の子供たちに定着した「エノシマトレジャー」も、スタートした2006年から今年で9年目。2014年2月8日(土)から3月31日(月)まで藤沢市江の島・片瀬地区にて開催されます。
 エノシマトレジャー2014

 今年のイベントの内容は、2014年暗黒時代を迎えるフジサワ・エノシマを救うため、ドラゴンナイトによって封印された「救世の箱」を発見して開くというもの。
 まずは、2月7日に公開される宝の地図を入手。宝の地図に記載されている謎を解き、江の島のどこかに隠されている3つの「手がかり」を見つけ、さらに3つの手がかりから「騎士の証」を探して最終キーワード手に入れるところまでが、使命1。

 最終キーワードを記入して発見報告所で報告すると発見者賞がもらえます。さらに次の使命2に挑戦して再度最終キーワードをゲットするとパーフェクト賞も追加でもらえます。

 宝の地図(冊子)は、2月7日(金)より小田急線主要駅、藤沢市観光センター、観光案内所などで配布。参加費は無料。(2月7日より藤沢市観光協会のホームページからエノシマトレジャーWEBページ経由でダウンロードもできます。)

 宝の地図を手に入れたら、謎解きのヒントを探しに出かけましょう。賞品には数の限りがあるそうなので、ご家族で早めにゲームに参加されるといいかも。




 

ふじあんnet通信 TOP » エノシマ 2014 アーカイブ - ふじあんnet通信