サムソン ミラーレス 3D アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

【ビジネス】CES2013 サムソンミラーレスカメラは、ハイブリッドAF搭載

 米国・ラスベガスCES2013で、サムソンが3D撮影が可能なハイブリッドAFを搭載したミラーレースカメラ最上位機種を発表。日本の家電・カメラ業界に波紋が広がっている。

 2013年1月8日から11日の4日間、いよいよ米国・ラスベガスで恒例の世界最大規模の家電見本市「International CES 2013」が開催される。例年、全世界の家電メーカーは、新技術を盛り込んだ製品をこの見本市の前にプレス発表し、見本市で試作機のデモンストレーションを行って、各社とも自社の製品トレンドのアピールを行う場となっている。
 今回、サムソンより発表のあったミラーレス・デジタルカメラ「NX300」は、レンズ内にLCDシャッターによる瞳分割機構を組み込むことで像面位相差AF機能を実現、センサーの画像処理によるコントラストAF機能とあわせてハイブリッドAFを可能にしている。さらにこのレンズ内の瞳分割機構を利用して、3D撮影機能モードで、静止画・動画撮影が可能というのが売りだ。

 ソニー、パナソニック、オリンパスとコンパクトデジカメメーカーは、苦境の中、利益の大きいミラーレスデジタル一眼に活路を求めてきたが、ニコン、キヤノンといったデジタル一眼レフメーカーのミラーレス本格参入に加え、サムソンの脅威が増したことで、ミラーレス市場は今後、激戦が予想される。
 またサムソンにシェアを奪われるのか、2013年も日本の技術力の真価が問われる。
1

ふじあんnet通信 TOP » サムソン ミラーレス 3D アーカイブ - ふじあんnet通信