タブレット SONY 発表 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

MWC2013 ソニーが発表したタブレットに注目

 MWC2013にて、ソニーが発表したタブレット「Xperia Tablet Z」に注目が集まっている。

 2月25日からスペインのバルセロナで開催されているMWC2013(Mobile World Congress)にて、ソニーは、世界最薄、防水対応10.1インチ高精細・大画面液晶搭載の「Xperia™ Tablet Z 」(Wi-Fiモデル)を発表した。

 日本では、NTTドコモからAndroidタブレットとして発表済みの商品だが、日本向けの機能を省いたグローバルモデルで、世界戦略を狙ったLTE対応モデル、Wi-Fi専用モデルの2モデルを2013年春に全世界発売すると発表している。今回のMWC2013の展示内容は、今年1月のラスベガスのCES 2013・SONYブースの内容に近かったが、グローバル版Xperia Tablet Zの発表で、ヨーロッパでの注目を集めたようだ。

 その他、MWC2013では、韓国サムスンのGALAXYシリーズ、中国ZTEのFirefoxOS搭載携帯電話、中国ファーウェイ社のスマホ新製品「AscendP2」、台湾エイスースの7型液晶タブレットなどが発表されたが、韓国、中国、台湾の強豪メーカーに対抗して存在感を示したのはソニーだけとなった。

 ソニーは、先の2月7日に2012年3Qの決算発表を行っており、モバイル・プロダクツ分野の売り上げ増加がソニー本体の大幅な増収の牽引役となっていた。
 神奈川県では、厚木テクノロジーセンター、藤沢辻堂テクノロジーセンターが、イメージセンサが大幅増収になった電子デバイス分野の中核を担っており、勢いを失ってしまった日本のメーカーの中で、技術のソニーが世界で再浮上の予感を感じさせている。

Xperia Tablet Z
  【ソニーHPよりXperia Tablet Z】

ふじあんnet通信 TOP » タブレット SONY 発表 アーカイブ - ふじあんnet通信