ペルセウス座 流星群 2015 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

2015ペルセウス座流星群の観察キャンペーン

 夏休みの帰省先の夜空に流星群が見えるかも

 今年のペルセウス座流星群の活動の極大は、日本時間の8月13日15時30分頃ですが、 8月14日が新月のため月明かりの影響がない暗い空で観察ができる好条件の年となっています。

 12日の夜半から13日未明と13日の夜半から14日未明にかけては、夜空の十分に暗い地方で観察すると、1時間あたり30個以上の流星が観られるかもしれません。
 
 そして国立天文台は、8月12日夜~8月15未明の間、1時間に何個流星が観測されたかを国立天文台へ報告する「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーンを開催します。

ペルセウス座流星群2015-1
【神奈川からの8月14日0時の星空】

 流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。

 彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

 ペルセウス座流星群は、太陽の回りを約130年の周期で公転するスイフト・タットル彗星の軌道を毎年8月に地球が横切る際、ペルセウス座の近傍を放射点とする流星群として観測されるものです。

 ペルセウス座流星群の放射点は北東ですので、その方向を見れば流れ星が見やすいように思いがちですが、流れ星の流れた跡をたどると放射点で交わるのであって、実際には全天に流れ星が見られます。

 雲のない良いお天気を期待しましょう。

ふじあんnet通信 TOP » ペルセウス座 流星群 2015 アーカイブ - ふじあんnet通信