ペルセウス座流星群 2014年 見頃 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

2014年ペルセウス座流星群は台風明けの8月12日、13日

 8月12日深夜から13日(水)の極大期にかけて、ペルセウス座流星群が見頃を迎えます。

 流星は、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。

 彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。

 ペルセウス座流星群は、太陽の回りを約130年の周期で公転するスイフト・タットル彗星の軌道を毎年8月に地球が横切る際、ペルセウス座の近傍を放射点とする流星群として観測されるものです。
ペルセウス座流星群

 2014年の流星群のピークは、13日の午前9時。夜明け前の空が明るくなる前が観測には最高の条件となりますが満月過ぎの月明かりがあり、月を視界に入れないことが何よりも重要となります。

 ペルセウス座流星群の放射点は北東ですので、その方向を見れば流れ星が見やすいように思いがちですが、流れ星の流れた跡をたどると放射点で交わるのであって、実際には全天に流れ星が見られます。

台風11号が通り過ぎた後の好天を期待したいものです。観測するには空が広く全方向を見渡せる見晴らしのいい場所で寝転がって観察するとよいでしょう。

ふじあんnet通信 TOP » ペルセウス座流星群 2014年 見頃 アーカイブ - ふじあんnet通信