大磯 海岸 2014 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

2014年元旦寒中神輿渡御 湘南・大磯町

 今日も湘南はいいお天気、2014年元旦の明日も良い天気が続きそうです。
国道1号沿いの大磯北浜海岸では、箱根駅伝が始まる前の1月1日に寒中神輿が行われます。


 明日は、10:00より大磯高来神社にてお祓いを済ませた後、10:30頃に神輿が神社を出発。長者町老人憩いの家を11:00に通過して国道1号線を越え、12:00頃大磯北浜海岸浜入りの後、岸から10mの兜岩を目指して海中渡御する予定です。

 この辺の神輿は、東京とは違う「湘南どっこい担ぎ」と呼ばれる担ぎ方で巡行します。「どっこいどっこい」という掛け声と共に、ゆっくりとひざを大きく屈伸させるのが特徴です。

 この寒中神輿は、大磯の神輿会「松龍会」と親交団体が中心となって毎年約100人が参加し、初春のお祝いと練成を兼ねて行われてます。
 
 湘南地域では地域のお神輿の海上渡御が、濱降祭・海開きなどで行われますが、冬の寒中神輿海上渡御は大磯と藤沢片瀬のみ。新春の元気をもらいに出かけてみませんか?


【場所】神奈川県大磯町・大磯北浜海岸(JR東海道線大磯駅から徒歩約10分)


 大磯北浜海岸では、2014年1月12日(日)に左義長(どんど焼き)が行われます。こちらは、国の指定重要無形民族文化財に指定されているセエノカミサン(道祖神)の火祭り。
 夕方の海岸に燃え盛る炎は壮大。こちらも湘南のお勧め行事です。

ふじあんnet通信 TOP » 大磯 海岸 2014 アーカイブ - ふじあんnet通信