大雪 スリップ 藤沢 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

大雪 湘南・藤沢でもスリップに警戒

気象庁などの天気予報では、2月6日未明より、西日本から東日本にかけて大雪が予想されている。

 神奈川県南部の湘南・藤沢市でも降雪が予想されており、先月1月14日の大雪で大混乱に陥った教訓を受け、各家庭・自治体・学校・企業では、警戒を強めている。特に車を運転される方には、積雪によるタイヤのスリップに気をつけて頂きたい。
 今回は、先週末からの大雪予想に反応して、タイヤチェーンや雪かき用のスコップ、滑り止め付きの防寒靴などの売れ行きが急上昇しており、降雪予想地域の住民の危機感が現れている。

 但し、今回通過する低気圧の中心気圧は1000hPa程度と予想され、前回1月14日の大雪時に970hPaまで発達した低気圧と比較すると勢力が弱い。
 1月14日の大雪時は、発達した低気圧が大陸からの寒気を巻き込み大雪となったが、今回の低気圧は勢力が弱いため、気温の低下を伴わずにみぞれとなり、積雪量も少ないものと予想されている。ただ、気圧配置によっては新たな低気圧の発生の可能性もあるため、その場合は寒気を巻き込んで、気温低下と低気圧の発達により積雪量が増える可能性もある。

 2月6日の大雪予報に対する反応は、マスコミの報道過熱による過剰反応もあると思われるが、念のため一応の準備・心構えをしておくことが肝要である。

大雪藤沢スtリップ注意
(気象庁天気図)

ふじあんnet通信 TOP » 大雪 スリップ 藤沢 アーカイブ - ふじあんnet通信