山本昌 2013 スタート アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

山本昌 2013年 藤沢・茅ヶ崎でスタート

 今シーズンプロ野球30年を迎える中日ドラゴンズの山本昌投手(47)が、2013年のスタートとして、茅ヶ崎市松林の自宅で正月を迎えた後、母校日大藤沢高校で自主トレを開始。その模様が、1月20日(日)放送のNHKサンデースポーツで伝えられた。

 山本昌(本名:山本昌弘)投手は、2013年は年男で、今年8月で48歳を迎える。今年の初詣は地元茅ヶ崎の菱沼八王子神社を参拝とのこと。

 昨年12月6日に中日との30年目のシーズン契約更改を行った現役最年長左腕は、数々の最年長記録を樹立してきたが、今シーズンはその記録のさらなる更新へ向け、1月4日に自主トレーニングをスタート。母校グランドで、午前中はランニングやダッシュで若い人たちと一緒に身体をほぐし、午後からはキャッチボールで汗を流した。
 昨シーズン、スタートの4月は活躍したのだが、その後疲労により思うような活躍ができなかったことを反省。今年1年間を通して故障なく過ごせるように、昨年までと違った取り組みで筋力トレーニングを行う等、48歳を迎える体を鍛え直している。

 そして夜には、地元茅ヶ崎の焼肉屋で、茅ヶ崎市松林中学校野球部の同窓生の新年会に参加し、旧友らと親交を深め30年目となる今年一年のスタートに区切りをつけた。

 各界のスポーツ選手が相次ぎ引退を表明する中で、中年40代の希望の星となって今年1年の活躍を期待する。
1

 

ふじあんnet通信 TOP » 山本昌 2013 スタート アーカイブ - ふじあんnet通信