感染性胃腸炎 大流行 神奈川 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

感染性胃腸炎 大流行の兆し 神奈川・藤沢市でも警報レベル

 前週、定点あたりの報告数が警報レベルである20を超えた、神奈川県の感染性胃腸炎流行は、今週(2013年第51週)さらに増加して25.45(前週22.22)に達した。ここ10年では2006年の大流行に次ぐ報告数に達しており、年末の里帰り帰省に向け流行拡大への更なる警戒が必要だ。
感染性胃腸炎 大流行 
 関東を中心に感染が拡大しているノロウィルスに代表される感染性胃腸炎は、2013年第51週(12/16~12/22)に神奈川県内定点機関からの患者報告数が5065人(前週4599人)と増加したことが、県衛生研究所・感染症情報センターより発表された。定点当りの報告数が25を超えたのは、2006年の大流行以来となる。

 警報レベル20人を超えた保健所区域は、前週(第50週)厚木管内、川崎市、小田原管内、横浜市、相模原市、大和管内の6市・管内であったところが、第51週は神奈川9市・管内中に拡大。湘南の鎌倉・藤沢も警報レベルを超えた。

各地域の定点当りの報告数は下記のとおり。

厚木管内:37(30.82)
川崎市:32.61(28)
相模原市:27.93(23.07)
横浜市:25.51(23.14)
鎌倉管内:24.17(14.83)
藤沢市:24(18.56)
秦野管内:23.83(12)
小田原管内:21(25)
大和管内:21(20.14)
横須賀市:17.44(14.67)
茅ケ崎管内:15.86(18.29)
平塚管内:14.71(14.57)
足柄上管内:9.33(6.33)
三崎管内:-(-)※報告なし

()内は前週の報告数。

 年末帰省した実家でお年寄りと共に食卓を囲む機会が増えます。貝類を中心としたお刺身やサラダなど生ものには十分な注意が必要です。

ふじあんnet通信 TOP » 感染性胃腸炎 大流行 神奈川 アーカイブ - ふじあんnet通信