星川監督 解任 理由 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

【スポーツ】なでしこ神戸 星川監督 皇后杯を最後に退任の理由

 INAC神戸レオネッサが24日(月)の第34回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 決勝(会場:埼玉県・NACK5スタジアム大宮)で ジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦する。

  明日の決勝では、今季限りで監督を退任する星川監督にも注目が集まっている。日テレ・ベレーザに所属していた宇津木瑠美選手のモンペリエ移籍を個人的に勧めたため、2010年7月にベレーザの監督を解任され、同年11月にINAC神戸レオネッサの監督に就任後、澤、大野、近賀らが、星川監督を慕ってINAC神戸レオネッサへ移籍するという経緯があったからだ。

 現在S級ライセンス受講中の星川監督は、「次は男女の区別なく世界のサッカーを学びたいと思っている」と述べ、海外で経験を積むことを目指していることを明らかにした。

 また、INAC神戸レオネッサには、湘南地域、神奈川県大和市出身の川澄 奈穂美(かわすみ なほみ)選手が所属している。

 川澄 奈穂美(かわすみ なほみ)選手は、神奈川県大和市林間小学校の女子サッカーチーム林間SCレモンズで小学2年生の時にサッカーを始め、大和市の女子クラブサッカーチーム・大和シルフィードに小・中・高と所属、既に小学6年生の時に全国優勝を経験して、日本体育大学から、INAC神戸レオネッサに入団。2011年にはチームキャプテンを務め、リーグ優勝と得点王に輝き、またワールドカップの活躍で一気に知名度が上がり、2012年のロンドンオリンピックの活躍も記憶に新しい。

 INAC神戸レオネッサの「おしゃれ番長」を公言する川澄は、そのルックスから男性ファンも多く、なでしこリーグの人気獲得に貢献している。今回の皇后杯でも2試合目の準々決勝で1ゴールを上げており、明日の決勝でもファンから活躍の期待が掛かっている。

 明日の決勝でジェフ市原を破って優勝し、女子サッカーを支えてくれた星川監督に有終の美を飾せてあげたい。
1

ふじあんnet通信 TOP » 星川監督 解任 理由 アーカイブ - ふじあんnet通信