江の島 灯篭 2016 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

2016江の島灯篭 8月31日(水)まで

夏の江ノ島の夜を彩る「江の島灯籠」が、あさって8月31日で最終日を迎えます。



2007年に江ノ島灯まつりとして始まり、2008年より江の島灯籠として定着した夏のイベントも今年で9回目。

灯籠が設置されているのは、江の島サムエル・コッキング苑、亀ヶ岡広場、江島神社(辺津宮、中津宮、奥津宮)、御岩屋通り、江の島岩屋、江の島東町、片瀬スバナ通り。

サムエル・コッキング苑を入ったすぐの庭園では、江の島縁起である天女と五頭龍の伝説の灯篭が設置されています。

江の島縁起の巻物によると 昔、鎌倉の深沢にに五頭の龍が住んでおり、悪行をつくしていました。
あるとき大地震と海底爆発により江の島が出現し、雲の中からは天女が現れました。
龍は天女に恋して、その成就の為に里の人々のため一生懸命働きました。
しかし龍は、だんだんと衰えていき最後に「死んでも山となって島と里人を守ります。」と告げ一つの山になりました。
この山が片瀬山で、龍の口の場所が、現在の竜の口(たつのくち)であるというお話です。


明日の午後以降は台風の影響も収まり、明後日までお天気が回復の見込みですので、夕方18:00から20:30までライトアップされる予定です。江の島サムエル・コッキング苑は、19:30最終入場で20:00まで開園となっていますのでご注意を。

ふじあんnet通信 TOP » 江の島 灯篭 2016 アーカイブ - ふじあんnet通信