風疹 流行 湘南 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

風疹 関西で流行拡大 神奈川は収束の方向?

 5月2日発表の神奈川県衛生研究所によると、第17週(4月22日から4月28日)の風疹感染者報告数は県内で78例であった。
 横浜市・川崎市の都市部を中心に第13週の3月下旬をピークにやや減少の傾向が伺える。但し、厚木地区の報告数が7例と急増しているため、今後も注意が必要である。

 地域別に見ると横浜市が37例、川崎市が18例、厚木7例、茅ヶ崎5例、鎌倉4例、藤沢市・大和で2例、相模原市、横須賀市、平塚で各1例の報告となっている。
 
 また、国立感染症センターが4月30日に発表した全国の風疹発生動向調査によれば、関西圏の風疹報告数が急増しているようだ。
 全国風疹動向調査 
 第16週(4月15日から4月21日)の都道府県別報告数は、大阪府の報告数が127例と東京都の報告数125例を初めて上回った。
兵庫県も59例の報告があり、神奈川県の71例に次いで全国第4番目に多い状況となっている。東京・神奈川の報告例増加が鈍化傾向にあるものの、代わって大阪・兵庫の報告数が急増しているのだ。

 ゴールデンウィークも後半に突入し人の移動が活発になる中、東京・大阪の都市部から地方への感染拡大が懸念されている。これから行楽地へお出かけのご家族には、うがい・手洗いの励行を行って十分な注意をされたい。

神奈川・湘南 風疹に引き続き注意 藤沢市で感染者増加

 神奈川県衛生研究所の風疹感染速報によると、第14週(4月1日から4月7日)は県内で67例の報告がありました。
 下記グラフからも分かるとおり2013年に入ってからの感染者の増加は、ここにきてやや落ち着きを見せていますが、感染者数の絶対数が多いため、予防接種未接種の妊婦の方・ご家族の方には、引き続き人混みをなるべく避けるなど感染予防の行動が求められています。

風疹 神奈川2013年 
          
 地域別に見ると横浜市が21例、川崎市が32例、藤沢市10例、相模原・大和5例、厚木・小田原3例、横須賀・秦野・茅ヶ崎2例、鎌倉・三崎で各1例報告されています。今週は、湘南・藤沢市で10例と前週6例に比べて顕著に増加したのが目立っており、注意が必要です。

 4月9日発表の厚生労働省/国立感染症研究所による風疹感染者発生動向調査によると
第13週(3月25日から3月31日)の全国の感染者報告数は375例とやや鈍化しているのもの、昨年の流行がさらに拡大している状況が、下図1の累積報告者数推移から見て取れます。
3

 風疹は、世界的には流行が抑えられており、日本国内の風疹感染拡大により、日本への渡航を控えるような動きも出始めています。ここのところの円高と合わせて、日本の観光業への影響も懸念されており、風疹感染の早期収束が望まれています。

神奈川・湘南 風疹流行 大人も予防接種を

 先週、急増した神奈川県の風疹患者数は、全体としては継続して増加傾向にあり、引き続き注意が必要だ。
 3月22日発表の神奈川県衛生研究所の発表によると、下記グラフの通り、特に20代から40代の男性の感染者が増加しており、幼少の頃の予防接種未接種が一原因のようである。しかし、いざ大人が予防接種を受けようにも近隣の病院では、大人用の予防接種が受けられないのが実情である。

風疹 年齢別推移

 地域別に見ると、第12週(3月18から3月24日)は県内で80例の報告があり、地域別に見ると横浜市が26例、川崎市が31例、続いて横須賀市・藤沢市・厚木4例、大和3例、相模原・三崎2例、鎌倉・小田原・秦野・茅ヶ崎で各1例報告されている。川崎市で著しい患者数増加の傾向が見られ、藤沢市も4例と引き続き感染者数の多い状態が続いている。

 風疹は、日本国内での感染流行が抑制されていたため、予防接種の重要性の認識不足があったが、東南アジアを中心とした海外での感染予防のため、これまでも海外渡航者に対する成人への予防接種が奨励されていた。
 神奈川県では、海外渡航者向け日本検疫衛生協会横浜診療所(山下公園前の産業貿易センター)にて風疹の予防接種が受けられ、ここでは、コレラ・破傷風などの予防接種を受けることが可能だ。但し、ワクチンには、保存期限があるため、事前に問い合わせ・予約が必要である。
 風疹の予防接種未接種の大人の方で、身の回りに妊婦がおられる方には、早めの予防接種をお願いしたい。
神奈川件 風疹流行状況

風疹流行 神奈川で再び増加。湘南藤沢市の患者数5人増

 ここ2週間ほど沈静化の兆しを見せていた風疹流行だが、3月22日発表の神奈川県衛生研究所の発表によると、再び風疹患者数が増加に転じた。

 2013年に入って、風疹患者の報告数は、第8週(2月18日から2月24日)でピークを迎えたが、その後の2週間はやや落ち着き、患者数の増加がなくなり、このまま減少に転じる楽観的な観測もあった。
 ところが、第11週(3月11から3月17日)は、県内で51例の報告があり、地域別に見ると横浜市が21例、川崎市が14例、
続いて藤沢市5例、厚木4例、鎌倉市3例、小田原2例、相模原市・秦野・茅ヶ崎で各1例報告されている。湘南地域の藤沢市・鎌倉市で感染が広がっており、今後注意が必要だ。

 2013年の累計患者数は、下記グラフのとおりで、居住人口の多い横浜市・川崎市に次いで、湘南・藤沢市の患者数が多いことが読み取れます。
神奈川県 風疹患者数

 今年になって、大阪で先天性風疹症候群(CRS)と称される障がいを持った男児の症例が1件報告されている。免疫のない女性が妊娠初期に風疹に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染して、出生児に障がいを引き起こす症例である。
 また、先月25歳の成年男性が、風疹ウイルスに感染して風疹髄膜脳炎を発症、高熱・全身痙攣・意識障害などを起こした症例も報告されている。

 今後も風疹の感染情報には充分注意されたい。

東京都風疹流行 神奈川・湘南にも拡大

 ニュースで報じられているとおり、2013年東京都を中心に大流行を見せている風疹が、神奈川県湘南・県央にも広がっている。

 例年、春から秋にかけて流行するのだが、昨年大流行した流れを引きずり、2013年の年初より、東京都を中心に感染者が増加していた。
風疹累積報告数2013
             【国立感染症研究所・公開資料】

 全国の2013年第1週(12/31~1/6)から第5週(1/28~2/3)までの累積報告数は339例で、都道府県別では、第1位が東京都の157例、続いて第2位が50例の神奈川県となっていた。

 2月14日の神奈川県の発表では、第6週(2/4~2/10)の神奈川県の報告数は14例で、横浜市が6例、川崎市が8例となってる。
 第1週(12/31~1/6)から第6週(2/4~2/10)までの累積報告数は、横浜市が31例、川崎市が23例、大和が3例、藤沢市、鎌倉市、相模原市が2例、小田原、厚木が1例と県央・湘南地域にも広がりを見せている。

 風疹は、免疫のない妊婦が妊娠初期に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染して、先天性風疹症候群 (CRS)と呼ばれる障がいを引き起こす可能性がある。昨秋からこの障がいを持った出生児が全国で6例報告されており、妊婦のいる家庭では特に感染に注意が必要だ。

 予防接種が有効であるが、現在の40代以下の世代で、風疹の予防接種率が低いことが流行の拡大につながっているようだ。妊娠可能年齢の女性で風疹ワクチン未接種の方は、早めの予防接種が推奨されている。

ふじあんnet通信 TOP » 風疹 流行 湘南 アーカイブ - ふじあんnet通信