PM2.5 環境省 監視 アーカイブ - ふじあんnet通信 | ふじあんnet通信

PM2.5 WHOの発がん性確認によって再び注目

世界保健機関(WHO)の専門組織であるIARC(国際がん研究機関:The International Agency for Research on Cancer:本部フランス・リヨン)が10月17日に行ったプレスリリースで、粒子状の大気汚染物質(PM10,PM2.5)が肺がんの原因になっていると報告した。

この報告の中で、大気汚染の発がんリスクを5段階の危険度のうち最高レベルであるGroup 1に分類し、肺がんの原因となっている確かな証拠があると結論づけた。また、膀胱がんのリスクが高まることも合わせて発表した。

研究結果は、PM10(SPM),PM2.5など粒子状の大気汚染物資について「肺がんの原因となっている」と初めて結論づけたほか、大気汚染一般についても呼吸器官や心臓の病気のリスクを高めるだけではなく、「がんを引き起こす環境的要因であることも分かった」としている。

更に、同時に出版したebook(Air Pollution and Cancer, IARC Scientific Publication No 161 )の中でも、中国、発展途上国による工業化で世界の大気汚染レベルが高まっていると警告した上で、2010年には世界で320万人が心血管疾患に起因して寿命が縮まる影響を受け、22万3000人が大気汚染が原因の肺がんで死亡したと指摘。

このような状況の中、北京では、大気汚染予測に応じて4段階の警報を発令することを決定。3日間連続で深刻な汚染が予測される場合には赤色警報を発令し、学校は緊急閉鎖、乗用車の使用禁止なでの対応が取られるようだ。

国内でも環境省で10月18日、微小粒子状物質(PM2.5)に関する専門家会合(第4回)が開催され、国内外の状況について情報交換が行われた。
PM2.5
【PM2.5とは】
大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子。
PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されている。

今後の国内の監視対応について注目していきたい。

ふじあんnet通信 TOP » PM2.5 環境省 監視 アーカイブ - ふじあんnet通信